• 文字サイズ

トップ > スポーツ > その他 > デザインより難しい 東京五輪マスコットのネーミング問題

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デザインより難しい 東京五輪マスコットのネーミング問題


会見する(左)から官浪辰夫氏、生駒芳子氏、石川和子氏

 5回目となる東京五輪マスコット選考検討会議が23日に都内で開かれ、マスコットの名前をデザインとは別に募集することで合意した。生駒芳子副座長(59)はデザインと切り離す理由を「商標(登録)の調査が非常に難しい」と説明。公募にするかどうかも未定とした。

 

 一般的にはマスコットのデザイナーが名前もつけると思われがち。ところが、ネーミングの商標確認はデザインとは比較にならないほど難しいという。「特許庁に200件掛け合っても、通るのは1~2件」(組織委関係者)の狭き門。そのためネーミングのみ専門のプロに頼むか、条件をつけての公募など、慎重な対応を迫られている。

 

 国内の商標は特許庁の公式サイトで簡易検索ができる。ただ、海外を含めると膨大な時間が必要だ。商標に関しての国際的な統一機関はなく、各国の特許庁をしらみつぶしに訪れるか、地道にサイトで確認するといった方法しかないというから気の遠くなる作業だ。

 

「大変だと思いますよ。ただ単に人の名前に似ている時でもダメな時があった。民間調査会社に調べてもらう方法もありますが、1件につき7万円かかります」(特許庁関係者)。とても一般人が安易に案を出せる状況ではない。

 

 マスコット名を発表した途端にクレームをつけられたら赤っ恥をかくことは必至。組織委はエンブレム問題でベルギーの劇場からデザインの模倣を指摘され、痛い目に遭った。「リオの時も(候補に挙がった)ネーミングで商標が取れるものが少なかった」(別の組織委関係者)というから新たな難題になりそうだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【日本選手権競輪】5月2日京王閣競輪場で開幕!
注目選手のインタビュー、“闘将”佐々木昭彦の推奨レース予想を動画で配信!

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
かきつばた記念(5月3日・名古屋競馬場)、兵庫CS(5月4日、園田競馬場)

豪華プレゼント満載!(クリックすると詳細表示)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。