• 文字サイズ

トップ > スポーツ > その他 > 柔道男子日本代表がブラジリアン柔術との“異種格闘技戦”で収穫

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

柔道男子日本代表がブラジリアン柔術との“異種格闘技戦”で収穫


ブラジル遠征を終えて帰国した海老沼

 柔道男子日本代表が13日、トラブル続きのブラジル・リオデジャネイロ遠征を終えて成田空港に帰国した。

 

 経由地のドイツ・フランクフルトが悪天候で飛行機の運航が乱れたため、リオ滞在はわずか2泊に短縮された。さらに選手のほとんどが「ロストバゲージ」に遭うなど、さんざん振り回されたものの、収穫はあった。

 

 合宿ではブラジル代表の主力が不在。その代わり、練習相手になったのはブラジリアン柔術の猛者たちだった。柔術は下半身への関節技が許されるなど柔道と異なるが、柔道ルールでぶつかり合った。

 

 これが大成功。選手たちにとっては新鮮なスパイスになった。66キロ級の海老沼匡(25=パーク24)は「技術は、すごくたくさん持っている。知っておくだけで防御にもなる」と刺激を受けた。初めて柔術の選手と肌を合わせたという81キロ級の永瀬貴規(21=筑波大)も「いい経験になった。今まで食らったことのないような返し(技)があって、こういうのもあるんだと思いました」と素直な驚きを口にした。

 

 井上康生監督(37)は「我々にとっては、すごい刺激になる。軽いクラスなんかは、いろいろ学べたと思う」と総括。遠征中のトラブル処理に翻弄されたことを嘆きつつ、“異種格闘技戦”の成果に手応えを示した。現地では建設中の会場や選手村も視察。1年後の五輪に向けて、全員がモチベーションを高めた。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
オグリキャップ記念(4月27日・笠松競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。