• 文字サイズ

トップ > スポーツ > その他 > <柔道世界選手権>外国人キラー高市は「白熊と暮らした男」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<柔道世界選手権>外国人キラー高市は「白熊と暮らした男」


金メダルの期待がかかる高市(右)

 柔道の世界選手権(ロシア・チェリャビンスク)は25日に男子60キロ級、女子48キロ級で開幕する。昨年は男子が金メダル3個を獲得。ニッポン柔道の復活を印象づけた。2016年リオデジャネイロ五輪まで2年を切った今年はユニークな即戦力が揃い、メダルラッシュの態勢が整った。男子ではホッキョクグマと暮らした経歴を持つ66キロ級の高市賢悟(21=東海大)に期待が集まる。

 

 高市は昨年の講道館杯で3位に躍進すると、4月の選抜体重別選手権ではロンドン五輪銅メダリストで昨年の世界王者・海老沼匡(24=パーク24)を完璧な内容で撃破して初優勝。一気に代表の切符をつかみ取った。

 

 60キロ級代表の高藤直寿(21)とは同期。知名度は高藤が先行しているものの、高市も追撃の準備を整える。初代表とはいえ、これまで外国人選手に負けたことがない。6月のグランプリ・ブダペストでも優勝。世界選手権でも“外国人キラー”ぶりを発揮できるか注目される。

 

 実は高市は、選手として頭角を現す前から、その名を知られた存在だった。父・敦広さん(44)は愛媛・とべ動物園の飼育員で、日本で初めてホッキョクグマの人工保育を成功させた人物。ホッキョクグマは「しろくまピース」の愛称で親しまれ、さまざまなメディアで取り上げられていたのだ。

 

 敦広さんは、ピースが1999年12月に生まれた直後、母親グマに育児放棄されたため、自宅に引き取って24時間態勢で保育した。「家で飼ってたんです。小学校に入る前ぐらいですね。ダッコしたりしました」(高市)

 

 世界的にも珍しいホッキョクグマとの共同生活は約3か月続いた。高市は当時6歳。最大体長はメスで2メートルになるホッキョクグマだが、当時のピースは赤ちゃん。あどけない表情で眠っている時間も多く、かわいくて仕方がなかったという。

 

 携帯電話にはピースの写真が入っている。ホッキョクグマと生活をともにした男だ。初の大舞台にも動じることはない。

 

「世界選手権は出られると思ってなかった。出させもらうと思っているので金メダルだけ目指して頑張ります」。いくつもの試練を乗り越えたピースはもう14歳。高市は柔道世界一になって、たくましくなったピースに吉報を届けるつもりだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】牛山貴広が記念初優勝
牛山貴広が直線差し切って記念初優勝をつかんだ!

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。