• 文字サイズ

トップ > スポーツ > その他 > これじゃ浪速の“逃”拳 興毅もう拭えぬ「逃げる男」イメージ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これじゃ浪速の“逃”拳 興毅もう拭えぬ「逃げる男」イメージ


バンタム級王座を返上し、スーパーフライ級に転向すると発表した興毅

 これじゃ浪速の“逃”拳だ。亀田ジムは先週末、WBA世界バンタム級王者の亀田興毅(27)が同王座を返上し、1階級下のスーパーフライ級に転向すると発表した。


 WBAから同級スーパー王者のアンセルモ・モレノ(28=パナマ)と王座統一戦を行うことを命じられていたものの、2010年12月のベルト獲得から“並列状態”が3年続いた。このため、10日に統一戦の興行権の入札が実施される予定だったが、亀田サイドから6日に王座返上の申し入れがあり中止になった。


 本来は興毅のV8戦として行われるはずだった。それが、亀田側が「韓国からの要望があり、すでに試合をやることが決まっていた」ことを理由に先月19日に済州島でV8戦を開催。試合は約1年ぶりのリングの韓国選手にダウンを奪われる辛勝判定防衛だった。


 興毅は近い将来、スーパーフライ級に転向して4階級制覇をめざすことを公言してきた。「年を重ねるにつれて減量もきつくなるので、このタイミングで。いずれバンタム級に戻るつもり」ともコメントしたが、このタイミングでは「モレノから逃げた」と言われても仕方がない状況だ。


 しかも、肝心の4階級制覇もどれだけ評価されるかわからない。ターゲットにしているWBAのスーパーフライ級王座は、3日に亀田大毅(24)と対戦したリボリオ・ソリス(31=ベネズエラ)が計量失敗で剥奪され空位になっており、近く王座決定戦が行われる。


 3本のベルトのうち2本は王座決定戦で獲得している興毅にしてみれば、絶好のチャンスだ。ただ、仮に4階級制覇を達成しても、ボクシング界では「決定戦で王者になると、すぐに(世界ランク1位との)指名試合をしなければならないから、それを回避するために、すぐ返上するつもりらしい」との臆測も飛び交っている。


 再び“逃げた”となれば…。またまたバッシングの標的となりそうだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。