• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 中日ドラ1・柳がプロ初勝利!闘将が認める「ハートと頭」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中日ドラ1・柳がプロ初勝利!闘将が認める「ハートと頭」


 中日のドラフト1位・柳裕也投手(23)が18日の西武戦(ナゴヤドーム)7回3失点でプロ初勝利を挙げた。オープン戦期間に右ヒジを痛め出遅れただけに「うれしいです。ケガからのスタートだったので痛いところなく全力で腕を振れているのが一番だと思います」と喜びもひとしおだ。

 

 柳は過去2度の先発で連敗。その投球は直球が140キロそこそことあってOBからは「あれではプロじゃ通用しない」との厳しい声も出ていた。しかし、そんな声に猛反論していたのが同じ明大の大先輩である楽天の星野仙一副会長(70)だ。3日の楽天戦(ナゴヤドーム)で柳は6回4失点で負け投手となったが、ネット裏でその投球を見た闘将は「後輩だから言うんじゃない。あいつはやる。ハートが強い。それに頭がいい」と太鼓判を押していた。

 

 星野氏は現役時代の自分を“超二流”と評している。一流投手のような類まれな才能があったわけじゃない。それでも熱いハートと頭脳でチームのエースとして君臨した。超一流には負けるが、ただの一流には負けないという自負からだ。柳も「自分は150キロのボールがあって落として、という投手じゃない。いろんな球種を使って(けん制やフィールディングなど)トータルで勝負する投手」という。そんな柳に星野氏も自身の姿を重ねたのかもしれない。

 

 偉大なOBのそんな言葉に柳は「うれしいですね。祝勝会やキャンプでも気にかけてもらって。そのたびに“ケガはするな”と言われていたのにしてしまって申し訳ないです。改めてあいさつしたいです」と感激。ハートと頭で勝負する柳のプロ人生がスタートした。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】 小嶋敬二 豪脚発揮で二次予選9Rを制圧
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。