• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > これが赤ヘルの強さ!誠也が見せた「広島の新4番」像

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これが赤ヘルの強さ!誠也が見せた「広島の新4番」像


ついに4番デビューを果たした鈴木。「不動の4番」にいつなれるか

【赤坂英一 赤ペン!!】「40歳の新井さん」から「神ってる誠也」へ――今年こそ、広島の4番交代が実現するのではないか。昨年来、何度か当コラムで書いてきた「4番・鈴木」が11日の巨人戦でついに実現したとき、改めてそう思わずにはいられなかった。

 

 石井打撃コーチによると、初の鈴木の4番抜てきは「緒方監督の強い意向によるもの。あくまでも経験を積ませるため」だそうだ。「誠也にはまだまだ足りないもの、これから覚えなきゃならないことがいっぱいあるからね」というのである。

 

 しかし、河田外野守備走塁コーチに聞いたら、「いや、琢ちゃん(石井コーチ)の進言もあったと思うよ」。真相はともかく、以前からチーム内に「いずれは誠也を4番に」という声があったのは確かだ。鈴木は4番として早速3安打した上、巨人・阿部の一塁守備のミスを突く果敢な走塁でもチームに貢献した。

 

 6回一死一、三塁で、阿部がゴロの処理にもたつく間に、三走・鈴木が本塁を陥れたシーンを、河田コーチが振り返る。

 

「あのとき、ぼくは何の指示も出してないんですよ。阿部が背中を見せた瞬間、誠也が自分の判断で本塁へ走った。教えてできるプレーじゃない。あれが彼の持つセンスであり、冷静に状況を観察できている証拠です」

 

 当の鈴木も「4番でもやることは一緒。3番や5番と同じです」とコメント。かくも落ち着いてプレーできるのは“本来の4番”新井が打撃好調で、エルドレッドや松山も当たっており、過剰なプレッシャーを感じずに済んでいるからだろう。

 

 過去、広島では4番が代わるたび、誰もが精神的重圧に苦しめられた。江藤がFAで巨人へ移籍した後の金本、その金本もFAで阪神へ移籍した後の新井、その新井もやはりFAで阪神へ移籍した後の栗原。彼らに比べると、新井が元気なうちに新たな4番への道を歩み始めた鈴木は恵まれているとも言える。

 

 新井の下には昨オフ、堂林が弟子入り。新井のバットを振り、ヘッドを投手に向けるフォームを教わって、着実に成長しつつある。実は、この弟子入りを堂林に勧めたのも石井コーチであり、現役時代から新井をよく知る東出コーチだった。

 

 打線のつながりだけではなく、首脳陣と選手、先輩と後輩のつながりも極めて強い今年の広島。なるほど、強いわけだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開。“見逃してしまった人のために、競馬ラボのユーチューブ公式チャンネルでダイジェストを配信します!

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。