• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 最下位に終わった5年前の悪夢再び?DeNAインフル禍

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最下位に終わった5年前の悪夢再び?DeNAインフル禍


笑顔で沖縄入りしたラミレス監督(左)だが…

 2年目を迎えるラミレスDeNAに5年前の悪夢がよみがえった。31日、チームは移動便の遅れもなく順調に沖縄・宜野湾入り。午後4時45分から一軍、二軍を含めた全体ミーティングが行われた。

 

 その一方、出発前にG.後藤武敏内野手(36)が大流行中のインフルエンザA型に感染。下園辰哉外野手(32)も溶連菌感染症と診断され、ともに合流できなかった。後藤は1月後半は横須賀のベイスターズ球場で自主トレを行っていた。合同自主トレの新人を始め他の選手たちとも数多く接触しており、キャンプインした選手の中にもインフルエンザを発症する可能性がある。高田繁GM(71)は「吉田(孝司スカウト部長)もインフルにかかった。オレも風邪ぎみ」とフロントにも感染者が出ていることを明かした。

 

「キャンプ」「インフル」のキーワードで思い出されるのが、2012年の中畑清前監督の就任1年目だ。

 

 キャンプ2日目に指揮官がインフルエンザA型に感染し、自室休養を余儀なくされた。球団幹部が「いきなり終わったと思った」と振り返ったほどの悪夢。出はなをくじかれその年、チームは最下位に終わった。

 

 チーム関係者は「毎年、キャンプでのインフル対策は十分にやっているので同じようにやります」と移動の際、全員にマスク着用を義務付けるなどで対応。昨季、3位で球団初のクライマックスシリーズ進出を果たし「今季は当然、優勝を考える」(ラミレス監督)と頂点を目指しているだけに、猛威を振るうインフルエンザに負けるわけにはいかない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。