• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 「遊撃一本」直訴の鳥谷に身内から冷や水「二塁もやれ」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「遊撃一本」直訴の鳥谷に身内から冷や水「二塁もやれ」


遊撃でのレギュラー復帰を目指す鳥谷

 阪神・鳥谷敬内野手(35)が雪辱に燃えている。昨季は開幕から大不振。7月24日の広島戦でスタメン落ちし、連続試合フルイニング出場が歴代4位の667試合でストップし、遊撃レギュラーの座も若手の北條に奪われたが、すでにプロ14年目の今季に向けて金本監督には「遊撃手一本で勝負したい」と直訴。「現実的に自分はレギュラーではない。2月1日からアピールしないといけないので動けるようにつくっていく」と意欲的に調整している。

 

 ところが、ここへきてそんな鳥谷の遊撃への“こだわり”に電鉄本社、球団内部から不満の声が噴出している。「気持ちは十分わかるが、チームの現状、将来と全体を見なければいけない年齢。二塁が手薄になっている今の状況とかを考えれば他のポジションも積極的にやるべきだ」と本社幹部。

 

 球団幹部も「二塁もこなせるよう準備してほしい。金本監督もチームの将来を考えて若い北條を(ショートで)優先に使うことは決めていると思う。過去の(鳥谷の)実績は誰もが認めているんだし、試合に出て貢献することを優先してほしい。あれだけ年俸(推定5億円)をもらっていることを考えればなおさら。監督、首脳陣もしっかりと本人に『二塁をやれ!』と言う必要はある」と訴える。昨年の一時期のように高い給料でベンチウオーマーではシャレにならないというのだ。

 

 金本監督は「正直、今の流れは北條。力が同じくらいなら若い方に行く。(それでも鳥谷が)ショートで勝負したいなら尊重する」と話す。鳥谷と親しい関係者は「トリは『まだ北條には負けていない。ショートの守備は簡単にはできない』と話している。勝てると思ってるからセカンドで、とは言わないんですよ」と言うが、果たしてどうなりますやら…。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
オグリキャップ記念(4月27日・笠松競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。