• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 阪神内から期待“鬼の原口”もっと見たい!

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阪神内から期待“鬼の原口”もっと見たい!
2017年01月07日 16時30分

謙虚な男としても知られる原口だが…

 育成枠から這い上がった阪神の“シンデレラボーイ”原口文仁捕手(24)にチーム内から「もっと鬼の形相を見せてくれ!」との声が出ている。

 

 昨年4月末に金本監督の鶴の一声で一気に一軍昇格し、5月に月間MVPを獲得するなどブレークした苦労人・原口は礼儀正しい好青年、謙虚な男としても知られるが、ある球団関係者はこう言う。「実は原口の闘争心をむき出しにしたプレーにベンチ全体が鼓舞される試合が何試合かあった。普段は物静かで腰の低い原口が死球を受けたり危険なプレーの際に怒声を発したり、感情をあらわにするシーンがあって、それでみんなのスイッチが入ったからね」

 

 例えば昨年5月3日の中日戦(ナゴヤドーム)。原口がジョーダンから食らった死球に物おじすることなく相手をにらみつけたシーンだ。「選手だけでなくコーチ陣も驚いていた。原口があんなに感情を爆発させるなんてってね。でも、あのプレーでみんなの闘争心に火がついて、士気が上がった。原口みたいな気の優しい性格の選手がやるから意味がある」(別の関係者)。昨季の原口はリーグ2位の15死球を受けた。今季はさらに相手バッテリーからの厳しい攻めが予想されるだけになおさら「もっと鬼に」となっているのだ。

 

「キャッチャーが一番やりがいがある。投手の信頼を勝ち取り、攻守にわたってチームの勝利に貢献したいと思っている」と正捕手取りに燃えている原口。2017年は普段の好青年イメージとは真逆となる「鬼の原口」にも注目だ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【全日本選抜競輪】平原康多が7回目のGI制覇
平原康多が鋭く抜け出して優勝。グランプリの出場権を手にした。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。