• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 阪神・オマリー打撃コーチ補佐退団の背景

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阪神・オマリー打撃コーチ補佐退団の背景


ゴメス(左)と話すオマリー氏

 阪神は27日、トーマス・オマリー打撃コーチ補佐(55)と来季の契約を結ばないと発表した。「契約満了に伴う退団です。外国人選手の言葉の壁がある中で非常に重要な役割をしてもらえました。後任はなし、です」(球団幹部)

 

 オマリー氏は1991年から阪神の助っ人として活躍し、93年には首位打者を獲得。「阪神ファンは一番や!」の決めゼリフで一躍人気者となった。現役引退後は2002年から阪神の特命コーチなど歴任し、14年から打撃コーチ補佐を務めていた。

 

 来季2年目の金本監督率いる「超変革内閣」では唯一の退団者。球団関係者は「やはりゴメスら今年の外国人選手が揃って結果を出せなかったのが大きい。今の首脳陣は監督のもと、選手に厳しく練習をさせる、という方針でいるが、オマリーは選手の意見を聞いてやらせるタイプ。聞き役だけでは甘い、との判断もあったようだ」とも話した。今季はゴメスが慢性的な不振でスタメン落ちを繰り返し、来日1年目のヘイグは大半が二軍暮らし。その責任を取らされた部分もあるようだ。

 

 助っ人たちも頼りにしていた虎の名物コーチ。「誰よりも率先してファンにサインしたり、ファンと触れ合うことをやってきてくれた。ありがたい存在だった」(球団営業部関係者)など、今回の退団を惜しむ声も少なくないが…。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
オグリキャップ記念(4月27日・笠松競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。