• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 【センバツ】サイン盗み騒動「シロ」「クロ」真っ二つ…食い違う両者の言い分

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【センバツ】サイン盗み騒動「シロ」「クロ」真っ二つ…食い違う両者の言い分
2016年03月25日 06時00分

金丸主審(左)に指摘される鍛冶舎監督

 第88回選抜高校野球大会第4日の23日、第3試合の秀岳館(熊本)対花咲徳栄(埼玉)戦で、秀岳館に捕手のサインを見てコースや球種を打者に伝える「サイン盗み」の疑いがあり、金丸球審が二塁走者と鍛治舎監督に注意を与える場面があった。これについて“潔白”を訴える秀岳館側に対し、花咲徳栄側は「クロだ」と主張。食い違う両者の言い分とは…。

“事件”は5―1と秀岳館リードで迎えた4回、秀岳館の攻撃中に起きた。二死二塁で金丸球審が試合を止めて「セカンド!」と叫び、二塁走者・木村(3年)に歩み寄って注意。木村の腰に手をやる動作が打者に何らかの伝達をしていると疑われたもので、ベンチの鍛治舎監督にも「紛らわしい行為はやめるように」と指導した。

 試合後、高野連の竹中事務局長は「サイン盗みが疑われる紛らわしい行為があったので、球審が走者とベンチに注意した」と話し、日野大会審判副委員長も「3回に金丸球審の方から『走者が打者に動きで教えているんじゃないかと見られる疑いがある』と言ってきた。4回にやっぱり、おかしいということで走者のところに行った。あくまで確証ではなく、疑いがあるから変な動きはやめよう、ということ。(腰や耳への)手の動きですね。何人か(いると)言っていました。クセになっているのか知らんけど、クセはクセでも疑わしいのはダメ」と説明した。

 いきなり疑惑の当事者となった木村は驚きを隠せない。「セカンド!って言われたんで守備の人かと思ったら自分のことだった。ユニホームが滑るので、それ(上着)を(ベルトの内側に)押し込んでいた。一度だけです。そのタイミングを見られてしまった。サインを送っているように見えると…。バッターにサインは送っていません。無意識にいつも(手を)入れているんで次から注意しないといけません」と“潔白”を主張。打席に立っていた原田(3年)も「二塁走者なんか見ていない。注意? 気にしていない。やってもないことを疑われるのは…」と表情を曇らせた。

 鍛治舎監督も「フェアプレーは大事なこと。紛らわしいことはやっちゃいけないと言ってきている。厳しく注意して反省します。コースを教えているんじゃないか、と見えてもダメなんです。腰を触る? 僕は見ていない。(走者を)代えようと思ったが、教育の一環なんで代えたらかわいそうと思った」と神妙な面持ちで話した。

 しかし、収まらないのが花咲徳栄サイドだ。実は4回の、その場面にいたるまでもナインはクビをかしげていた。ある選手は「初回から(秀岳館の)打者の目線が一塁の方や二塁の方にあちこち動いていた。これは警戒しないといけないと思っていた」と木村以外の選手の動きに疑惑の目を向けており、金丸球審にも伝えていたという。

「まさかと思った。こんなことやるんだ、と…。腰に手をやるジェスチャーが怪しいじゃなくて、明らかでした。それまで当てに行っていたバッティングが、二塁に走者が行くと、いきなり初球からタイミングが合ってフルスイングになる。迷わずにフルスイングするから“おかしいんじゃないか”と話していたんです。最初にベンチにいる選手が気づいてバッテリーに伝わり、審判に伝えてもらいました。ショックですね」(ある選手)

 サイン盗み疑惑は2013年夏の大会の花巻東(岩手)―鳴門(徳島)でも起き、花巻東の二塁走者が動きを疑われて同様の注意を受けており、再び、聖地で起きた“事件”。試合は6―5で秀岳館が逃げ切ったが、後味の悪さが残ってしまった。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】プレミアムGⅠヤングダービー
選手インタビュー、記者の推奨レース予想など動画コンテンツ配信!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【共同通信社杯競輪】竹内雄作がビッグレース初制覇
決勝は竹内雄作(28)が逃げ切りで優勝した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

豊かな感性・ガッツのある方を歓迎します。

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はとこなめボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。