• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 清原容疑者「覚醒剤飲んで本塁打連発」「V旅行で大麻」元同僚が爆弾証言

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清原容疑者「覚醒剤飲んで本塁打連発」「V旅行で大麻」元同僚が爆弾証言
2016年02月11日 05時00分

元同僚は荒れた自宅で取材に応じた

【薬物逮捕でアウト!番長の転落と闇(7)】元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が覚醒剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された事件について、2006年に同法違反(使用)容疑で逮捕(有罪確定)された巨人時代の同僚選手(47)が本紙に爆弾告白した。清原容疑者に直接、覚醒剤を渡していただけではなく、「清原はシャブを飲んで3試合連続ホームランを打っていた」など衝撃のエピソードを生々しく明かした。

 ――清原容疑者の事情に詳しいようだが、いつから(清原容疑者は)覚醒剤をやっていたのか

 元同僚:自分が(巨人に)入った1998年からやってますよ。(他にも)マリフアナ、コカイン、エクスタシーもやっていた。僕が100錠ぐらい仕入れていたエクスタシーは効くやつと効かんやつがあって、僕のは「よく効くから」と言っていて手渡していた。よく「仕入れてくれ」と頼まれていた。大体、2000年ごろまでか、02年の僕がアメリカに行くまでかな。それから04年もあるけどその後は清原に「自分の知り合いと直接やってくれ」と言った。

 ――覚醒剤の使用法など教えたのか

 元同僚:オレは教えていない。知っていたと思う。西武時代のハワイ旅行でマリフアナ吸ったとか言っていたから。

 ――仲介役だったのか

 元同僚:そら僕が一番安全でしょ。口割らんから。

 ――いくらで売ったのか

 元同僚:清原からはエクスタシー100錠仕入れて、と。銀座で配るとか言っていた。僕は1錠を2000~3000円で売った。覚醒剤は自分で買ってパケで20万円ぐらい。とにかく自分が持っているのは嫌で隠していた。それを欲しい時に(清原に)渡した。(これをやると)髪の毛がぱさぱさになったり、目が落ち込んだりするからあまりムチャしないように言ったことがある。

 ――2人はこれまでにどんなことがあったのか

 元同僚:06年の春季キャンプの時、清原からずっと連絡がなかった時があり、(オリックスの)キャンプ地に出かけて覚醒剤を1グラム、(清原の)宿舎ホテルに差し入れしたことがある。女の子が好きそうなキラキラの袋に入れて。後から清原から連絡があって「お前のやってることは脅しや!」と言ってきたから「何言うてんのか! 先輩! 連絡がないから差し入れしただけですよ」と言ってやったことがある。

 ――それからは?

 元同僚:それから僕が先に警察に捕まった。で、その年の12月26日に執行猶予の判決が出て年を越してからの07年に清原から連絡があった。向こうとしては僕が警察に何かしゃべってないか、という探りがあったから、話してないというのを自分から言った。それで安心したのか、(清原は)「注射で打つのはもっと効くのか」と聞いてきた。06年以降も、やってないとそんなことは聞かない。(清原は)07年の春季キャンプには来なかったでしょ。それは僕が高知で待ち構えていると思ったからですよ。

 ――試合での覚醒剤は

 元同僚:注射はやってないと思う。ステロイド注射はやっていた。でも、たまにシャブを飲んで3試合連続ホームランというのがあったと思う。それは98年かな(注=元同僚は3試合連続本塁打と話したが、実際は同年5月29日の広島戦から6月1日の横浜戦までの4試合連続。30日の広島戦ではバックスクリーン越えの特大弾を放っている)。99年はエクスタシー、コカイン(が主)。堀内監督の04年なんかは試合開始直前の午後6時ごろ、「コカインを用意してくれ。今からタクシーで用具担当に取りに行かせるから」と連絡があってコカインをサプリメントに混ぜて渡したこともある。

 ――清原容疑者に覚醒剤をやめるよういったことは

 元同僚:06年以降は「自分を飛ばして(入手を)やってくれ」といった。10年に「やめた方がいい」と言ったことがある。

 ――清原容疑者は他の入手ルートに変えたのか

 元同僚:警察が内偵しているでしょ。携帯電話見て調べて分かるはずですよ。買った相手も分かってるでしょ。でも、これらは僕が教えたわけではない。もうやっていたんです。

 ――入手ルートはどこなのか

 元同僚:僕は韓国の知り合いからで、清原はやくざではなく、普通の名古屋にいる知り合いとか言っていた。仕入れは暗号とかあってシャンパン、肉(ニク)くれ、とか言い方がある。

 ――何で清原容疑者は覚醒剤にまで手を染めるようになったのか

 元同僚:結局、薬に手を出したのは遊びたかったからでしょう。耳にピアスをしたり変だった。まあ、僕がしゃべったらきりがない。一冊の本ぐらい書ける。

 ――今言いたいことは

 元同僚:子供に会いたいだの、死にたいだの言っても捕まったら意味がない。何年か前に週刊誌に書かれた時にやめておけばよかったのに。あれは清原への警告だった。警察は嫌がるんですよ、ああいう報道が出れば普通はやめるから。それをやらんかった。今、みんなが更生しろ、とかいうけど更生って何するのか。何を立ち直れとか言ってるのかわからん。(清原は)これから公判でマジメなことを話すだろうけど、(歌手で俳優の)清水健太郎なんて(薬物関連で)5回も捕まっている(6回目は不起訴)。野球人なら野球を指導する学校でもつくって教えていくとかしかできない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【浜名湖ボート】中京スポーツもみじ杯は重野哲之が優勝
ミス東スポ2016・藤井奈々が水着姿で重野哲之を直撃!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【ベッキー】不倫休業からテレビ復帰までの一部始終
ゲス川谷との不倫騒動で休業に追い込まれたベッキー…今後はどうなる?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

ミス東スポ2016グランプリの桜井奈津が悩殺“挟み打ち”秘技で熱闘 !

初代王者はドルさん!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

アトランタ五輪サッカー男子で王国ブラジルを破る“マイアミの奇跡”を演出した前園真聖氏が知られざる秘話を大公開——。(全21回)

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

次回はSG「グランプリ」、GI「クイーンズC」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。