• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 捜査当局の“死んだフリ作戦”に引っ掛かった清原容疑者

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

捜査当局の“死んだフリ作戦”に引っ掛かった清原容疑者


4日午前8時40分、送検のため東京・桜田門の警視庁本部を出た清原容疑者

 覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕された清原和博容疑者(48)はこのところ、バラエティー番組やCMにも出演し、かつての“番長節”も復活しつつあった。“もう俺はパクられへん!”そう本人も勘違いしていたのかもしれない。本人は「球界に関わる仕事がしたい」と常々話しており、近くゆかりのある球団のキャンプを視察する予定だったという。

 その直前の現行犯逮捕を受け、事情を知る関係者は「捜査当局(警視庁)はキャンプが本格化する前に何としても清原を挙げたかった。本人がブツ(覚醒剤)を地方に持っていくとは限らないし、身柄確保となれば、現地警察との兼ね合いもありますからね」と話す。

 清原容疑者をめぐっては、過去何度も逮捕情報が流れたものの、立ち消えになっていた。最も機運が高まったのは昨秋。当局は同容疑者が覚醒剤を購入した確固たる証拠を入手。麻薬特例法での立件を狙うとされた。昨年7月に音楽グループ「ZOO」の元メンバー男性が同法違反で逮捕、起訴されたことは記憶に新しいが、これは覚醒剤の現物はなくとも購入履歴などの証拠があれば、罪に問えるという画期的な法律だ。

「その見せしめに清原を挙げるという情報が出回ったが、結局は流れてしまった。不起訴となった場合、清原クラスの大物だと批判の矛先は警察の捜査に向けられますからね。慎重になる必要があった」とは関係者。結果、昨年末にはマスコミかいわいでも「清原の逮捕は当分ないのでは?」という見方が大勢を占めていたが…。「実際は死んだフリだった。相手(清原)を油断させるために、意図的に当局が断念ムードを作り上げた感すらある。その間も捜査員は証拠集めに奔走し『絶対に1月、2月のうちに清原をやる』と豪語していた」(同)

 自宅のゴミから覚醒剤の成分を検出した当局の“死んだフリ作戦”に、まんまと引っ掛かってしまったようだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開。“見逃してしまった人のために、競馬ラボのユーチューブ公式チャンネルでダイジェストを配信します!

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北海優駿(6月1日、門別競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。