• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 【名球会フェス】長嶋氏、王氏、清原氏、古田氏が!金本監督にエール

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【名球会フェス】長嶋氏、王氏、清原氏、古田氏が!金本監督にエール


長嶋氏(左)の激励に喜色満面の金本監督(右)

 11日、ヤフオクドームで「名球会ベースボールフェスティバル2016」が開催された。巨人・長嶋茂雄終身名誉監督(79)、ソフトバンク・王貞治会長(75)らプロ野球史を彩ったレジェンドが大集合し、セ・パ対抗戦やアトラクションなどを繰り広げた。そんな偉大な面々からエールを送られたのが、就任1年目の阪神・金本知憲新監督(47)だ。長嶋氏からハッパをかけられて感謝感激だったが、“しくじり系”と言うべき先輩2人からも、ありがたい言葉が届いた。

 

 ONをはじめ、そうそうたる名球会メンバーで注目の的になったのは、やはり金本監督だった。目玉企画のセ・パ対抗戦ではセ軍の指揮官として“監督デビュー”。野球教室でも熱心に指導する姿が目立ったが、そんな鉄人に声をかけずにいられなかったのが“ミスタージャイアンツ”長嶋氏だった。

 

 数々の栄光に彩られ、国民栄誉賞まで受けたミスターは「野球界が盛り上がるには、やっぱり巨人と阪神が勝たないとダメ。若いんだから思いっきりやりなさい!」と手を握りながら激励。これには金本監督も「まさか長嶋さんから阪神を応援されるとは思わなかった…。短い時間だったが、力をもらった」と喜色満面だ。

 

 前日10日の前夜祭では、王会長から「監督、コーチ経験がなければいけないわけではないことを(未経験の)工藤監督が(昨年)示してくれた。金本監督も精力的に動いているので、阪神の若い人も頑張ってくれるでしょう」と励ましを受けたばかり。ON揃っての大エールは指導者経験ゼロの鉄人にとって、まさに勇気百倍だろう。

 

 それだけでは終わらない。金本監督と同じく指導者経験ゼロでタクトを振った元ヤクルト選手兼任監督の古田敦也氏(50)も「気をつけることはないですよ。彼は選手時代の最後のほうもチームを引っ張るつもりで、若手の手本になってやっていましたから。そういう目で野球を見ていたと思うので(指導者経験なしでも)問題ないですよ。彼らしくやればいいんです」と太鼓判を押した。

 

 さらには、尊敬する元巨人の清原和博氏(48)だ。「チラッと新聞で見たら金本が『門限破りOK』という記事があった。(チームカラーが)猫から虎に変わっていくのでしょう」と、ユーモアたっぷりに金本改革への期待感を膨らませながら「金本なら(阪神を)変えられる。金本ほど野球に対して厳しい選手は見たことがない。そういう意味では、今の選手が金本監督の下でやるのは財産になる」と断言した。

 

 古田氏は日本を代表する名捕手の一人だが、監督としては結果を残せなかった。名スラッガーの清原氏も“晩年”は故障に泣き、最近は何かとプライベートでお騒がせ続き…。いわば“しくじり系”の2人かもしれないが、成功と失敗、酸いも甘いもかみ分けた男の言葉は新監督にとって、ありがたいものに違いない。

 

「とにかくチームの意識を変えていく。ガツガツ、グイグイやっていく」と金本監督。“名球会レジェンド”のエールを胸に「超変革」を成功させたいところだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。