• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > メジャー通算66発男 ビシエド獲得狙う中日の不安とは

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メジャー通算66発男 ビシエド獲得狙う中日の不安とは


中日が獲得に動いているビシエド(2015年3月、ブルー・ジェイズ所属の頃の写真。ロイター=USA TODAY Sports)

 中日がルナに代わる来季の4番候補としてダヤン・ビシエド外野手(26=ホワイトソックスからFA)の獲得に乗り出している。ドミニカ共和国のウインターリーグを視察している渉外担当の肩書を持つ森ヘッドコーチが渡米して交渉。現在は再びドミニカ共和国に戻り、メールなどで契約に向けて詰めの作業に入っている。

 西山球団代表が「今のウチはどっかりと座ってくれる中心選手が欲しい。そのまま(の力で)やってくれれば楽しみじゃないかな」と話したように、その実績は十分。10代からキューバ国内リーグでプレーし、2008年、19歳のときに亡命しホワイトソックスと契約。10年にメジャーデビューを果たすと、12年に25本、14年には21本、通算66本塁打を放つなど活躍した。近年の中日の外国人ではピカイチだ。

 もっとも不安もある。球団内から「本当に26歳なのか。年齢詐称をしているんじゃないか?」との疑いの声も出ているのだ。ドミニカ共和国など中南米の選手は戸籍制度などが整備されていないため、その年齢はほとんどが自称と言ってもいい。メジャーと契約するときには年齢が若ければ若いほど有利となることから、2~3歳のさば読みはザラ。10歳以上も若くごまかす選手もいるとか。

 2001年に当時「キューバの至宝」と称されたオマール・リナレスが中日に入団した際には、映像で見た姿とあまりにも違っていたため、球団内では「別人じゃないか」と替え玉説まで出たという。「(あのときは)キューバの選手ならば、それぐらいのことはやりかねない、ということでしたけどね」(球団関係者)

 ビシエドは14年まではバリバリに活躍していたにもかかわらず、15年はメジャー昇格なし。そんなところも年齢詐称による「衰えなのでは?」との疑惑につながっているのだが、果たして…。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ニコ生】アンカツと大島麻衣が桜花賞で激論!
「東スポ@競馬ラボ アンカツ春の予想祭り」を4月8日(土)に配信!

【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。