• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 【U―18W杯】オコエ サニブラウンと“共闘”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【U―18W杯】オコエ サニブラウンと“共闘”
2015年09月03日 16時00分

ダッシュするオコエ

「第27回U―18ベースボールワールドカップ」は3日から2次リーグがスタート。1次リーグA組を5戦全勝で首位通過した日本は3日・カナダ戦、4日・韓国戦、5日・キューバ戦と強豪国と激突する。チームをけん引するのがオコエ瑠偉外野手(関東第一)だ。頂点に向け、走攻守で躍動するオコエにはモチベーションがある。陸上で注目を集める、あの選手だ。

 

 1次リーグの5試合で23打数8安打、5打点、7得点、打率3割4分8厘。並外れた身体能力でグラウンドを駆け回る。2次リーグ・カナダ戦を翌日に控えた2日、オコエは「一試合、一試合を全力で緩めなかった。2次リーグでも何も変えることはない。投手陣もいい結果を出してくれているし、野手陣も盛り上げていきたい」と気合を入れ直した。

 

 ナイジェリア人の父と日本人の母を持つハーフ。日本で生まれ育ち、まだ父の祖国に行ったことはなく、大会後に初めて訪問する予定を立てているという。英語が苦手な半面、頭の回転が速く、代表でもムードメーカーとして士気を高めるなど、グラウンド内外で欠かせない存在だ。

 

 そんなオコエが意識しているアスリートが、陸上選手のサニブラウン・ハキーム(16=城西2年)だ。ガーナ人の父と日本人の母を持つハーフ。7月に南米コロンビアで行われた世界ユース陸上の100メートルと200メートルの2種目で、大会新記録を叩き出して優勝。8月の北京・世界陸上では200メートルで惜しくも準決勝で敗れたが、来年のリオデジャネイロ五輪、2020年の東京五輪に大きな期待がかかる陸上界の新星だ。

 

 サニブラウンの活躍にオコエが刺激されないはずがない。「同じハーフとして、ああいった大舞台で活躍してくれているのはうれしいことですね。サニブラウンは僕よりも年下だし、今後は僕らのようなハーフの日本人選手が増えてくると思う。これからも頑張ってほしいですね」とエールを送る。

 

 同じ“境遇”だからこそ共感できることがある。オコエはこう続けた。「海外ではいろいろな肌の色をした人種がいるのは普通のことだけど、日本では僕のような肌の色をしていると差別だったり、そういうのがまだまだある。だからスポーツでも何でもいいんだけど、僕やサニブラウンがトップレベルの選手になって、これが当たり前のように認知されるように頑張っていきたいですね」

 

 テレビでお互いの活躍はわかっているはず。オコエはいつか出会えることを願い、野球で世界一になることを誓っている。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
厩舎情報徹底取材「ザッツPOG」好評発売中
アンカツ3年連続参戦、2年連続で推奨馬クラシック制覇の虎石「神セレクト」、井崎、マツパク先生と最強布陣でお届けします。

【6・18AKB48選抜総選挙】SKE48の注目メンバーを直撃
東スポWebが14人の熱い思いを届けます!(20日から毎日更新)

アンカツ・本紙舘林&松浪・安田美沙子らが「ダービー」テーマに大討論会!
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で編集不可能な激アツ本音トークバトル展開


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は尼崎SG「第43回オールスター 」

18〜23歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。