• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 「金スマ登場」清原氏 テレビ復帰に強力後ろ盾

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「金スマ登場」清原氏 テレビ復帰に強力後ろ盾


久々のテレビ出演で高視聴率を記録した清原氏

 元プロ野球選手の清原和博氏(47)が、3日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマたちへ」で約1年ぶりとなるテレビ出演を果たし、高視聴率獲得で話題になっている。久々のテレビ登場で悲惨な近況を語ったが、実はこの出演こそが、昨年の薬物疑惑報道以来“干されていた清原氏”への「テレビ解禁のサイン」だったという。もっか「単発でのオファーは多い」(テレビ関係者)といい、このまま一気に番長復活となるのか?

 昨年3月に「週刊文春」で薬物疑惑が報じられ、9月には離婚もした清原氏。“金スマ”では、ほとんどメディアに登場しなかったこの1年間を振り返った。一番つらかったのは離婚して息子と離ればなれになったことと語り、「息子の存在がなければこの世にはいなかった。こんだけ悪く書かれるんだったら、いっそ死んでしまおうと思った」と自殺願望まで明かした。

“番長”と呼ばれたころとは違い、弱気発言を連発。番組では四国でお遍路をする密着映像も流れた。だが、清原氏を知る銀座のクラブ関係者はこんな話をする。

「テレビ出演前に、銀座のクラブで“お遍路の密着取材があるから”と自慢げに飲んでました。お遍路とは悔い改める修行のようなもの。そんな人が銀座のクラブで飲んでるんですからね」と苦笑する。

 とはいえ、このテレビ出演は、ここ最近の同番組の平均視聴率を6ポイント近くも上回る16・4%を獲得(関東地区、ビデオリサーチ調べ)し“復活”ののろしとなったという。

 ある芸能プロ関係者は「本人サイドは『問題ない』と言ってきたが、疑惑がある以上、起用したくてもできなかったのが、今のテレビ局の事情。それが最近になって大手芸能プロダクションが後ろ盾になったそうで、今回の出演が実現した。その結果、視聴者からのクレームもほとんどなく、数字も取れたことで“もう本当に問題はないんだ”ということが裏付けられたようです。それまでは、どこが最初に勝負をかけるかという“踏み絵”的な部分はありましたが、今回の番組出演で“いける”と踏んだ番組制作関係者は結構多い。『清原はいけるかな』と出演オファーをしている人も少なくないですよ」。

 今回、番組で司会を務めた中居正広(42)とのつながりもあってか、他のSMAPの番組などにも出演するのではとも言われている。「一時は決裂したんじゃないかと報じられた、とんねるずの番組にも出演するという話も耳にした。どちらにしてもすぐにというワケじゃないですし、かつてのようなレギュラーでという話でもないですが、改編期の単発でなら…という話はできているみたいだ」と同関係者。

 もともとバラエティーでは人気の高いキャラクター。

 視聴者の反発もないとなれば、声がかかるのも当然。「以前はかなり高額のギャラを要求した清原も、今では半額に抑えている」(同)ことも出演依頼激増につながっている。

 ただ、バラエティー番組以外となるとまだまだハードルは高いようだ。別のテレビ局関係者は「球界の反応は相変わらず冷ややか。解説はなかなか難しい」。

 およそ1年ぶりのテレビ出演と“弱気の番長”という意外な顔が視聴者の興味を引いたのは間違いないところ。この先、再びかつてのこわもての清原氏が画面に出ても、同じように視聴率が上がるかどうかはわからない。各局とも、とりあえず期首、期末のスペシャルバラエティーで様子を見るだろうが、完全復活はそう簡単ではないだろう。

 清原氏は同番組で「いつかユニホームを!」と願望をのぞかせたが、プロ野球界復帰の道は、まだまだ険しいと言わざるを得ない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【瑞峰立山賞争奪戦】富山競輪場で24日開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。


おすすめコンテンツ
石川ダービー(6月20日=金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。