• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 上原を支えるグラブの「2文字」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上原を支えるグラブの「2文字」


上原浩治「中継ぎピッチャーズバイブル」

上原のグラブのネット部分には「我慢」の2文字が!

 レッドソックスの上原浩治投手(39)が順調にキャンプを送っている。投手陣がキャンプインした2月21日(日本時間22日)にファレル監督は今季の守護神を確約。チーム開幕戦の3日前の4月3日に40歳を迎えるが、信頼は揺るがない。プロ17年目、メジャー7年目のシーズンに臨むベテラン右腕はある言葉をかみ締めながらマウンドに上がっている。それは――。

 上原を形容する言葉といえば巨人1年目の1999年に流行語大賞に選ばれた「雑草魂」、さらに「反骨心」が挙げられる。しかし、上原を支えているのはグラブの内側に刻印された「我慢」の2文字ではないか。

 健康で、かつ戦力となる救援投手なら、年間50~70試合に登板することになるが、準備するのはほぼ全試合。メジャーなら160試合近くになるだろう。だから上原はこう話す。

「打たれても、抑えても我慢。だから我慢は悪い時だけやない。いい時も我慢なんです」

 2014年は上原にとってもチームにとってもまさに我慢の一年だった。前年のワールドシリーズを制覇したチームは、開幕から投打がかみ合わないまま低迷し、7月末のトレード期限ギリギリに主力選手をごっそり放出した。事実上の消化試合を強いられた8月以降、選手、首脳陣やチーム関係者はつらい2か月を過ごし、結局、地区最下位に沈んだままシーズンを終えた。

 上原は「チームがこういう状態やったから、周りに流されない我慢とかがあった。まあ、毎年毎年我慢があるから、特別な我慢ってわけではなかったけど」と振り返る。

 上原は、グラブの内側に刻印されたその2文字を「試合中とかに見ることはないですね」と話すと、少し照れるようにこう続けた。「人に見せるもんでもないし。座右の銘? いやいや、そんなん特にないですよ」

 きっかけは何だったのか。上原は懐かしそうに振り返る。

「村田さんからもらった言葉。もう10年以上前になりますけどね。村田さんが引退した年にもらった言葉なんです」

 99年にドラフト1位で入団した上原にとって、当時の正捕手・村田真一(現巨人総合コーチ)の存在はとてつもなく大きかった。良いものは良い、悪いものは悪いと、白黒ハッキリさせる村田からのアドバイスが上原にはピッタリとはまったのだ。上原が投げていたナックルカーブに即ダメ出ししたのも村田だった。だから上原は01年に村田が引退する際、村田からキャッチャーミットをもらった。そして、ミットに記されてあった「我慢」の2文字を、翌シーズンから自身のグラブに刻んだのだ。

「審判(のジャッジ)に対する我慢とか、いろんなことがありますよ。でも、人生そんなもんですよ。別に野球選手に限ったことやないと思う。(家族と過ごす時間の少なさなど)プライベートでもそうやし。いい時ほど遊びたくなったり、好きなようにしたくなりますけど、そういう時こそ我慢。それも村田さんの教えですけどね」

 09年のメジャー移籍後、ケガや故障が続いたことで「一度は引退も考えた」という上原。オリオールズ時代の10年、先発から中継ぎへ転向したことが転機になったわけだが、その後も右肩上がりだったわけではない。何度も何度も我慢した。

 では、我慢の先には何があるのか。上原はこう答えた。

「良いものもあれば、別に大したことじゃないものもある。我慢すればいい思いをするかっていうと、別にそういうわけじゃない。(ワールドシリーズを制した)2013年はいい思いができましたけどね」

 とはいっても、何でも我慢すればいいというものではないようだ。ストレスをため込み過ぎれば心にも体にもマイナスに働く。

「ビールは1日2本までって決めています。飲み過ぎたら大変なことになりますから。それに、文句を言いたい時があれば、親しい人とか、口の堅い人には言えばいい。そんなんでストレスをためるんやったらね。まあ、いろいろやね、我慢をする時ってのは」

 そんな上原はワシントン到着直後、2月13日付のブログでこうつづっている。

「いよいよ始まるなぁ。フロリダに行くと雰囲気がそうなるからね。しばし、暴飲暴食も我慢しないとね。楽しかった時間も我慢。違う楽しさを満喫しよう よし、行ってきます!」

 上原は「アメリカに着いて気持ちが切り替わりましたね」と話す。好きなだけ飲んで、好きなだけ食べる――。そんな楽しいオフを満喫するために我慢と向き合う。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開。“見逃してしまった人のために、競馬ラボのユーチューブ公式チャンネルでダイジェストを配信します!

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北海優駿(6月1日、門別競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。