• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 中日ソトにガッツポーズ“自粛令”

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中日ソトにガッツポーズ“自粛令”


 辛口の高木監督が「あそこまでよく投げた」と珍しく褒めたたえたのは、21日の阪神戦勝利の立役者エンジェルベルト・ソト投手(30)だ。8回を4安打無失点の投球で今季2勝目。前日(20日)の誕生日にナタリア夫人と長女・ニコルちゃんからサプライズのお祝い。ケーキと洋服をプレゼントされて奮い立っていだけに格別の勝利だ。

 しかし、そんなソトにチーム内からある“お願い”が出ている。今やソトの代名詞ともなっているガッツポーズを「もう少し控えめにしてほしい」(チーム関係者)というのだ。

 今季初勝利を挙げた8月9日の広島戦で左太もも裏を痛め、途中降板。軽症ながらも大事を取ってそのまま一軍登録を抹消されている。痛みもなくなったためこの日の一軍登板となったが、実はいつ再発してもおかしくない状態だという。

「ソトは今年のキャンプを故障でほとんどやっていないでしょう。本当のしっかりした体ができていない。だから一軍で気持ちが入りすぎると体が耐え切れずに故障につながってしまう」(権藤投手コーチ)

 つまりは派手なガッツポーズを連発すると体に余計な負担がかかり、故障に直結しかねない危険をはらんでいるというわけだ。巨人追撃にはなくてはならない左腕だけに切実なお願いだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。