• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 日ハム・斎藤佑樹が社会人相手に白星 貫禄の5回1失点

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日ハム・斎藤佑樹が社会人相手に白星 貫禄の5回1失点


 二軍で調整中の日本ハム・斎藤佑樹投手(26)が20日、新日鐵住金鹿島とのプロ・社会人交流試合(鎌ケ谷)に先発し、5回を4安打1失点と復調の兆しを見せた。

 ようやく大炎上も一段落だ。8月26日のDeNA戦は3回8失点、9月2日の西武戦も5回4失点と大乱調だった。この日は4回に3連打で1点を失うも、後続を2者連続三振に切って取り最少失点で切り抜けた。味方打線は2回に5点を先制。斎藤は5回も3者凡退に抑え、先発の役割を果たした。

 チームは8―1で勝利し、社会人相手に勝ち投手となった斎藤は「相手がどことか関係なく自分のピッチングができるかどうか」とキッパリ。「変化球はいつも通り。まっすぐをもっと強く投げられると思うし、細かいコントロールをつけたい。まっすぐが生きての変化球なので」と課題を口にしながら振り返った。

 一軍は現在3位で、クライマックスシリーズ(CS)出場をほぼ手中に収めている。斎藤も一軍から声がかかれば、いつでも馳せ参じる用意だけはしておくつもりだ。

「シリーズが終わるまでは何が起こるか分からない。そのための準備をしっかりしておきたい」

 試合後は小雨が降りしきる中、サインを求める熱心なファンに気さくに応じた斎藤は前だけを見据える。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。