• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 硬派キャラの李大浩にソフトバンクがイメチェン計画

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

硬派キャラの李大浩にソフトバンクがイメチェン計画


オリックスからソフトバンクに移籍した李大浩

 ソフトバンクの新助っ人・李大浩内野手(31=前オリックス)に「お立ち台で何かやってもらおう」との“パフォーマンス指令”が出ている。チームのムードメーカーで選手会長の松田が提唱したもので、チーム関係者も「ぜひともやってほしい」と大盛り上がりだ。

 

 今オフ、ソフトバンクは大補強を敢行したが、これに対してチーム内外から疑問の声が噴出。なかでも2年総額9億円プラス出来高払いという破格の待遇で入団した李大浩への風当たりは強い。そこで「選手の中に溶け込んでもらうのもそうだし、ファンの人にも受け入れてもらわないといけない。どうしても厳しい目で見られてしまうだろうが、パフォーマンスを今いる選手と一緒にやっていけば(そんなムードも)変わってくるはず」というわけ。

 

 早速、チーム内からは松田がお立ち台で行う「1、2、3、マッチ」と自らのニックネームを叫ぶパフォーマンスのように「“1、2、3、デホ”とやってもらうのもいいんじゃないか」との案も。オリックス時代は硬派なイメージの李大浩だが、どうなるか――。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。