• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 世界一クローザー・上原の精神力と制球力

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界一クローザー・上原の精神力と制球力


ページ: 1 2

 レッドソックスの上原浩治投手(38)は絶対守護神としてマウンドに君臨し、チームを6年ぶり8度目のワールドシリーズ(WS)制覇に導いた。その圧倒的な投球は成績にも表れているが、別の観点からもすごさが分かる。上原はレギュラーシーズンだけではなくポストシーズンでも2試合続けて失敗しないクローザーだったのだ。

 

上原浩治「中継ぎピッチャーズバイブル」

 

 

笑顔で帰国会見する上原

「(シーズンの)終わりは設定しない」と誓って臨んだメジャー5年目。上原は名門レッドソックスのクローザーとして君臨し、WS制覇の瞬間をマウンドで迎えた。もちろん、6月21日に守護神を任されるまでの約3か月、中継ぎ投手としてチームの勝利に貢献したことも忘れてはならない。

 上原はレギュラーシーズン162試合と、ポストシーズン16試合を全てブルペンで待機した。登板数は自己最多の73試合。ポストシーズンの13試合と合わせると86試合だ。オープン戦はカウントすべきではないかもしれないが、キャンプ中は大学生相手の練習試合を含め11試合に登板。2月から10月末まで、ブルペンで出番を待つこと189試合。登板数は97試合に達した。上原は「年齢で野球をやるわけではない」と強調するが、38歳にしてこの登板数は驚くばかりである。

 しかもア・リーグ東地区優勝を決めた9月21日のブルージェイズ戦、レイズとの地区シリーズ第4戦、タイガースとのア・リーグ優勝決定シリーズ第6戦、そしてカージナルスとのWS第6戦と、いずれも最終回のマウンドに立ち、最後の打者をスプリットで空振り三振に仕留め4度の胴上げ投手となった。まさに完璧なクローザーだ。

 しかし、驚くべきことはまだある。クローザー・上原は2試合続けて失敗しなかったのだ。上原は今季8試合で失点しているが、2試合連続失点は4月21日のロイヤルズ戦と同24日のアスレチックス戦だけ。その時はセットアッパーだった。ポストシーズンでは2度、敵地でサヨナラ負けを喫した。10月7日の地区シリーズ第3戦と同26日のWS第3戦だ。次の試合はしっかり抑えた。

 

ページ: 1 2
【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。