• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 3球団を経験したからこそ開眼できた上原

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3球団を経験したからこそ開眼できた上原


ページ: 1 2

 レッドソックスの上原浩治投手(38)がメジャー3度目のプレーオフに挑む。2011年のレンジャーズ時代は今季の上原からは想像できない散々な結果に終わった。昨年はワイルドカードゲームに投げ1回を三者三振だった。今季の成功の陰にはコツコツ積み上げたことに加え、11年の失敗や苦い経験がある。4日(日本時間5日)から本拠地フェンウェイ・パークで始まる地区シリーズを前に、絶対守護神・上原に緩みはない。

 

上原浩治「中継ぎピッチャーズバイブル」(特別編)

キャッチボールで調整する上原

 上原はオリオールズ時代の2010年、メジャーに適応する一環として体重をアップさせた。しかし、右肘痛、ハムストリング痛などを招いて故障者リストへ。「一度は引退を考えた」ほど、精神的にも行き場を失いかけた時期もあった。

 11年7月末のトレード期限を前に、オリオールズからレンジャーズへ電撃移籍。複数の米メディアが、数球団が上原を獲得リストに載せていると報じていたため、上原も「名前が挙がるのは必要とされている証拠。うれしいことやね」と多少の覚悟はあった様子だったが、移籍後に思わぬ事態に直面した。

 上原はこう振り返る。「シーズンの終わりを設定していたんですよね。8月を迎えようとしていて、(ア・リーグ東地区最下位を独走していた)ボルティモアの(地区)優勝の可能性がない状況やったんで」。レンジャーズでは、公式戦22試合18イニングで与四球1個と制球力は際立っていたが、5本塁打され、防御率4・00。本来の投球を発揮できないまま、プレーオフを迎えた。

 地区シリーズのレイズ戦とリーグ優勝決定シリーズのタイガース戦では、救援投手としてプレーオフ史上初の3試合連続被弾という不名誉なメジャー記録を樹立。プレーオフ3試合で1回1/3を投げ、3本塁打を含む5安打5失点、2四球1三振、防御率33・75。ワールドシリーズではベンチ入りメンバーから外れるという屈辱も味わった。

 レンジャーズに在籍していた東海大仰星高校のチームメート、建山義紀投手(37)がサポートしてくれたものの、練習メニューの違いなどもあり適応は簡単ではなかった。それに加え、9月末に設定していたシーズン終了を、いつ終わるか分からないプレーオフに再設定するのは困難だった。

 巨人時代に数々の修羅場を経験している上原といえども、気持ちを入れ直すことはできなかった。だからこそ、上原はこう話す。「今年に限っていえば、シーズンがどうこうよりも、まずは一日一日。それを162試合続けた。プレーオフはまた一日一日やればいい」

ページ: 1 2
【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【浜名湖ボート】 開設64周年記念GⅠ浜名湖賞
注目選手インタビュー、記者の予想など動画コンテンツを配信!

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

【サマーナイトフェスティバル】新田祐大が渡辺一成とワンツー決めて“夜王”戴冠
新田祐大が豪快なまくりで制覇。高松宮記念杯に続くビッグレース連続優勝を決めた。


おすすめコンテンツ
金沢スプリントカップ(7月25日=金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

キアヌ演じる伝説の殺し屋が“1分1殺”以上の勢いで大暴れ

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレースまるがめ・SG「オーシャンカップ」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。