• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 高木監督“奥の手”日替わりセットアッパー

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高木監督“奥の手”日替わりセットアッパー


高木監督(中央)

 中日・高木監督が後半戦の巻き返しに“奥の手”を使う。現在7、8回を任せているセットアッパーは浅尾とマドリガルの2人だが、今後は「必ずしも2人にこだわらない。4人から5人である程度調子を見て良いのを使っていく」。日替わりで中継ぎ陣を投入するというのだ。

 実はこれこそが高木監督の持論で、昨季「セブンティーズバトル」と騒がれた権藤前投手コーチとの対立の一因でもあった。昨季、リリーフ失敗を続けた守護神の岩瀬。しかし、権藤前コーチはそれでも使い続けた。選手のプライドを重んじた起用法だったが、これに指揮官はブチ切れて“バトル”に発展したのだ。

「決まった投手を使うなんて誰でもできる。調子を見極めていくら抑えといえども、良くなければ別のピッチャーを使う。それが投手コーチの役目だろう」

 2年契約の高木監督は自身では「今年で最後」と腹をくくっている。だからこそ最後の最後はもっとも自分らしい戦いでいく。日替わりセットアッパーで失敗すれば、批判を受けることは目に見えている。それでも「勝てる試合は絶対に勝っていかないといけない」。信じた奥の手でラストを飾る。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。