• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 高木竜が虎式パフォーマンス導入へ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高木竜が虎式パフォーマンス導入へ


和田を中心に円陣を組む中日ナイン

 全セのコーチを務める中日・高木守道監督(72)が、リーグ前半戦を貯金13の2位と躍進した阪神から後半戦巻き返しの“ヒント”を見つけた。

 

 きっかけは球宴での虎戦士たちの異様なまでの盛り上がりだった。第2戦で勝ち越し打を含む3安打1打点の活躍で最優秀選手賞を獲得した新井貴について「新井はいいねえ。バットの真っ芯でばかり捉えとったし、ベンチでは盛んにお笑いばっかりやっとる。そこに(年下の)能見らが投手の立場で何だかんだといじってみんなが大笑いしとるよ」とうらやむ。

 

 これまで独特なポーズをはやらせるなど、阪神に一体感をもたらす西岡についても「一つ間違えたら足を引っ張るタイプやけど、調子に乗って(チームも)走ったというのがある。ウチはそういうお調子者がおらん」と嘆いていたほどで、老将はノリが悪く、おとなしい竜ナインに歯がゆい思いをしてきた。

 

 そこでチーム内で持ち上がったのが、竜の“虎戦士化”プランだ。候補として挙がっているのが、新井貴の役割に和田、西岡には同じ大阪桐蔭出身の平田、チーム一の勝ち頭でお調子者の大野が能見役となることだ。

 

 チーム関係者は「左ヒザ痛のルナの代わりに4番を務めているベンちゃん(和田)が新井兄のようにベンチでバカをやってくれるといいね。頭頂部に髪がない特徴があるから『今日もハゲ、ハゲパワーで勝つぞ!』なんて言ってもいいしね」と提案。そこに「普段はベンちゃんをいじることなんてできない年下の平田や大野らが、阪神の若手のように先輩の懐に入ってツッコミを入れたりすればベンチの空気も一気に盛り上がるはず」と見ている。

 

 さらにベンチ前でナインが揃って中堅方向を両手で指さす西岡考案の虎パフォーマンスも中日流にアレンジして「『ジョイナス!』とか叫んだりしても面白いね」。ここまでムードメーカー不在の高木竜が、虎式パフォーマンス導入で後半戦反攻の勢いをつけることができるか。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ニコ生】アンカツと大島麻衣が桜花賞で激論!
「東スポ@競馬ラボ アンカツ春の予想祭り」を4月8日(土)に配信!

【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。