• 文字サイズ

トップ > スポーツ > その他 > ワタシ流貫いた田中理恵

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワタシ流貫いた田中理恵
2012年05月10日 12時00分

 体操界のヒロイン田中理恵(24=日体大研究員)が悲願の五輪切符をつかんだ。5日のロンドン五輪最終選考会「NHK杯」で4月の全日本選手権に続き優勝。兄の和仁(26=徳洲会体操ク)、弟・佑典(22=コナミ)も代表に決まり、3きょうだい揃い踏みとなったが、その裏には理恵の〝反発〟があった。

 五輪代表になるためにはクリアしなければならない課題は多い。その中で理恵が最も頭を悩ませたものが体重だ。現在45キロ台をキープしているが、昨年10月の世界選手権前から日本体操協会の強化部から「もっと減量しろ」と指令が出されていたという。

「周りの選手が細い子が多いためでしょう。(塚原千恵子)代表監督から『44キロにしなさい』と言われたらしい。ところが、絞りすぎて体調を崩してしまった。一時貧血になったのは、それが原因なんです」(日体大・近藤典子監督)

 その結果、世界選手権では個人総合20位、団体では床運動でミスをするなどボロボロに…。そこで日体大はあえて強化部の方針を無視。「絶対に45キロを切らさないようにした」(近藤監督)。この戦略が五輪切符につながったというわけだ。

 塚原監督も「理恵さんは45キロがちょうどいい。そこは所属コーチと相談して自己管理に任せています」と理恵のやり方を認めた。「自分の演技をする」と言い切る理恵は〝オレ流〟ならぬ〝ワタシ流〟を五輪でも貫く。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

上原浩治「中継ぎピッチャーズバイブル」
「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

麻美ゆま 連載「HAPPY&SMILE」
セクシー女優・麻美ゆまがAVのこと、病気のことなど、赤裸々に半生を語り尽くす。(全20回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

現役フリーアナが、運命の人を探し出す!タイムリミットは4月25日

優勝者に賞金100万円プレゼント

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

週末のレースに向けて行われている、デスクとスタッフのナイショ話

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は「マスターズチャンピオン」

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2015」グランプリは璃乃、星優姫、城田あや
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。