• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 糸井天然サク裂で溶け込んだ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糸井天然サク裂で溶け込んだ
2013年02月02日 16時00分

 日本ハムからオリックスに移籍した糸井嘉男外野手(31)がキャンプ初日から魅せた。フリー打撃では「まだバランスがばらばら」と言いながらも82スイングで柵越えが11本。森脇監督を「打率3割、30本塁打、30盗塁のトリプルスリーを達成しても不思議ではない」と喜ばせた。

 

 キャンプイン前日(31日)に新天地・オリックスに合流したばかり。糸井は「明るすぎるぐらい明るいチーム。でもまだ遠慮しているところはあります」と話したが、チーム関係者は「もうすっかり溶け込んでいますよ」と笑顔で証言する。実は31日に宿舎の食事会場で起きた“アグー豚事件”が糸井とオリックスナインの距離を縮めたという。

 

 ある関係者が、その時の様子をこう明かす。「糸井が“このアグー豚うめーな”って言って食べていたんですけど、それが実は鶏(肉)だったんです。それを周りにいた選手が指摘して笑いが起きたんですよ。やっぱり糸井は天然なんですね。一気に場が和みました」。まさに“つかみ”はOKということか。これでオリックスナインと糸井の“垣根”は全くなくなったのだ。

 

 電撃トレードによる心のもやもやも徐々に消えてきたのだろう。キャンプ初日を終えて「充実してました」と笑みをこぼした糸井。グラウンドでの活躍だけでなく、得意の? 天然ぶりでも昨季最下位のチームを明るいムードに変えてくれそうだ。

【編集部のおすすめ】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&本紙館林らが「桜花賞」をテーマに大討論会
4・10ニコ生「東スポ×競馬ラボ」で編集不可能な過激トークバトル展開?

京王閣GⅠ「第68回日本選手権競輪」
新田祐大が待望のGⅠ初制覇。暮れのグランプリの出場切符を手にした

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

現役フリーアナが、運命の人を探し出す!タイムリミットは4月25日

優勝者に賞金100万円プレゼント

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

週末のレースに向けて行われている、デスクとスタッフのナイショ話

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

次回は「マスターズチャンピオン」

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2015」グランプリは璃乃、星優姫、城田あや
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。