• 文字サイズ

トップ > スポーツ > サッカー > ファンペルシーを改心させた小野

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファンペルシーを改心させた小野


世界サッカー、この人に、この恩師あり(1)

 世界と日本サッカー界の“意外な関係”に迫る新連載「世界サッカー、この人に、この恩師あり」の第1回は、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)のオランダ代表FWロビン・ファンペルシー(29)。日本代表FW香川真司(23)も所属する名門クラブのエースを“超一流選手”に育てたのは、なんと元日本代表MF小野伸二(33=ウェスタンシドニー)だった。

 

 2002年日韓W杯前のこと。ファンペルシーはフェイエノールト(オランダ)ユースからトップチームに昇格。18歳でU―21オランダ代表に選出され、将来を嘱望されるストライカーだった。

 

 ところが…誰もが認める才能を持ちながら若手選手にありがちな“テング”になってしまう。夜遊びが過ぎ、練習やミーティングに遅刻。また自身の起用法をめぐり、コーチ陣や先輩イレブンと衝突した。さらにはチーム内の不満を外部へ漏らすなど、過激な言動を繰り返す問題児でもあった。

 

 当時のベルト・ファンマルバイク監督(60=元オランダ代表監督)もBチームへ降格させるなど、悪童への対応に苦慮。そんななか、更生に乗り出したのは、フェイエノールトで大活躍していた小野だった。

 

 当時の小野はオランダでもっとも有名な外国人として知られた。ドイツやイングランドへの移籍話が絶えないほどの注目株。22歳ながらチームの中心で、キャプテンマークを巻くこともあった。

 

 ファンペルシーは年齢が近く、人格者だった小野の言葉には素直に耳を傾けた。その結果、改心してスターへの階段を駆け上がった。

 

 小野はオランダ時代に「スピードもテクニックもあるし、すばらしい選手。指導した? まだヤンチャですけどね。ロッカーでは相変わらず暴れてますし…」と話しており、ファンペルシーもアーセナル時代に「シンジは、オランダ代表の誰よりもうまかった」と尊敬の念を口している。

 

 ファンペルシーは04年アーセナル(イングランド)に移籍。今季から移ったマンチェスター・ユナイテッドではエースと呼ばれる活躍で、世界屈指のストライカーと認知されるようになった。これもオランダ時代に指導を受けた小野のおかげなのだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。