• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 楽天に“素行調査”されたデーブ大久保

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天に“素行調査”されたデーブ大久保


 楽天フロントの一部が今オフ、選手やスタッフに“あの人”に関する極秘調査を実行している。

 調査対象となっているのは今季まで一軍打撃コーチを務めていた大久保博元二軍監督(45)。その内容は「デーブの行動を問題視している球団側の関係者が、選手や裏方に対し『今季のデーブの行動について君はどう思う?』と“被害状況”などを確認している」というもので「ほぼ悪評しか出てこないみたいです」(球団関係者)。

 打撃コーチだった今季は試合後のミーティングで、ナインに「おまえのせいで負けた」と暴言を吐いたり、裏方に「おまえなんかいつでも辞めさせられるんだぞ」などとパワハラ発言をしてみたりと、やりたい放題。アーリーワークでは「(球拾いを手伝う)記者に打球を取られたら500円罰金」と西武時代に問題視された罰金制度まで持ち込むありさまだった。

 最終的には、選手会から球団側に正式な抗議が出される寸前までいく大問題に発展。内定していたヘッドコーチのポストも“剥奪”された。

 だが、反デーブ派にとってはまだまだ安心できない。一軍ヘッドに推挙していた張本人の三木谷オーナーが、大久保二軍監督の後ろ盾になっているからだ。3年目を迎える星野監督が開幕ダッシュに失敗→休養などという事態になれば、三木谷オーナーの一存で“継承順位”を度外視して大久保二軍監督がチームの指揮を執る可能性は十分にある。そんな有事に備えて、今のうちに現場サイドの本音を聞いておこうというのが極秘調査の狙いだ。

 当の大久保二軍監督は将来の監督就任へ「すでにやる気満々」(チーム関係者)だとも言われている。来季も楽天は波乱含みだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】“世界のキタノ”決死の走りで地元記念を盛り上げる
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信します。

【高松宮記念杯競輪】新田祐大が連覇達成!
新田祐大が連覇で4回目のGI優勝を飾った。

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。