• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 大隣〝覚醒〟ならず鷹首位陥落

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大隣〝覚醒〟ならず鷹首位陥落


 大隣〝覚醒〟ならず——。ソフトバンクが18日のオリックス戦(京セラドーム大阪)に敗れて首位から陥落した。先発したのは、前回の登板で今季初登板初完封を飾った大隣。退団した和田、杉内の穴を埋める存在として、左腕のある〝課題克服〟に期待が集まったが、6回4失点とチームを勝ちに導けず。打線もあと1本が出なかった。

 先発の大隣が1点を勝ち越してもらった直後の3回に崩れた。先頭の大引に右中間二塁打を打たれると、続く後藤の右中間適時二塁打で同点。なんとか二死までこぎ着けたが、T—岡田に左翼線適時二塁打を浴びて逆転を許してしまった。
 真価を問われる登板だった。今季初登板となった12日の日本ハム戦は3安打無四球完封。最高のスタートを切ったが、チーム内から全幅の信頼を得るまでには至っていなかった。好調時の完ぺきな投球は誰もが認めるところ。その一方で、調子の波があることが課題の一つだった。

 ナインの間でも「トナリ(=大隣)は次の登板が重要になってくる。何回か、いい投球を続けて、ようやく本物といえる」という声が挙がっていたほど。エースになれるだけの資質を備えているからこそ、周囲の〝ハードル〟も高くなる。

 打線も粘る大隣を援護できなかった。悔しい黒星で首位から陥落。「勝てるときに勝って序盤で貯金を作りたい」(主力選手)という今季の戦い。このままズルズル行くことだけは避けたいところだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。