• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > すでに“半落ち”大谷獲得へハムが逆転シナリオ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

すでに“半落ち”大谷獲得へハムが逆転シナリオ
2012年12月02日 11時00分

 花巻東・大谷翔平投手(18)の日本ハム入りが秒読み段階に入った。球団がドラフト1位指名した同投手と3日に岩手・奥州市内のホテルで追加交渉を行うと発表した。日本ハムかメジャーか、迷う大谷側から再交渉の要請があったというが、すでに本人は栗山監督が出馬した26日の交渉で“半落ち”。次回交渉のテーマは「入団確率ゼロ%」としていた日本ハム入りへ栗山監督がどういう理論で軟着陸させるかとなってきた。

 

「回答を出すのに(大谷君が)非常に悩んでいるということで、追加交渉することになった。3日で決断するかは分からない」(球団幹部)

 

 当初は栗山監督が出馬した前回の交渉を事実上の最終交渉としていたのだから「メジャー一本」で揺るがない大谷の翻意、いや将来のメジャー挑戦のための“迂回獲得”に大きな前進があったといえるだろう。

 

 それまで「本人が会いたいといえば何度でも会いに行く」としていた指揮官は初対面後に「何度でも来ると言っていたが、最後の思いを伝えさせてもらった。迷惑にもなるんでどこかで線を引かないと。1回目で魂をぶつけると思っていたのであとは決断を待つだけ」と1度の交渉で“半落ち”の手応えのあったことを語っていた。

 

 花巻東周辺には「いくら本人がメジャー志向だなんだと言っていても、気持ちの優しい岩手の子が両親の反対を押し切って外国なんかに行くことはない。栗山監督と面談すればこうなることをみんな期待していた」という証言がある。そして次回交渉のポイントは「(入団の可能性は)ゼロと言ってしまった本人を傷つけないように、どう大人たちが日本ハム入団の道筋をつけてあげるか」に移ってきた。

 

 前回交渉で栗山監督が「説得に来たのではない。本人の夢を叶えるためにどういう道があるのかを説明した。その一つがファイターズ」と独自理論を展開したのも、その配慮だろう。花巻東高や大谷家周辺には本人が態度を軟化させた前回交渉後「やっぱりデキレースか」「メジャーはどうなったんだ」というたぐいの中傷が増えたという。そのため次回の栗山再出馬では、この少なからぬ逆風をどう緩和して軟着陸させるかの“シナリオ作り”が期待されているというわけだ。

 

 思えば「横浜以外なら社会人」を公言し希望であった西武入りをためらっていた横浜高・松坂大輔も「前言撤回は恥じゃない」という当時の東尾監督の説得と200勝ボールパフォーマンスで翻意した経緯がある。大谷に用意される逆転シナリオはなんなのか、注目される。

 

 

【関連記事】





ピックアップ
今年最初のニコ生コラボ番組「『東スポ×競馬ラボ』安藤勝己春のGⅠ桜まつり」
『東スポ×競馬ラボ』安藤勝己・春のGI桜まつりで桜花賞を徹底討論

元フジアナ・長谷川豊「すべてお話ししますがなにか?」
“女子アナセクハラ被害”を激白した元フジテレビアナ・長谷川豊がマイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの嘔吐事件、不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動など“とくダネ”大放出!

第23回東京スポーツ映画大賞授賞式
「第23回東京スポーツ映画大賞」「第14回ビートたけしのエンターテインメント賞」(ビートたけし審査委員長=67)の授賞式が盛大に行われた。


おすすめコンテンツ
様々なテーマとスタイルで小蜜があなたを骨抜きにします!

今回は、2月16日付本紙で報じた「消えたネッシーの謎」。

スグに働きたい、高収入を得たい、住み込みで働きたい… 「東スポ求人」ならきっと希望の仕事が見つかるはず!

新着フォト
東スポ動画
昨年2月、卵巣に境界悪性腫瘍が見つかり卵巣と子宮を全摘出。AVを含む一切の活動を一時休止し、その後は抗がん剤治療も受けた麻美ゆまが、東京スポーツ新聞社を訪れ、すっかり元気になった姿を披露した。
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。