• 文字サイズ

トップ > スポーツ > その他 > 富山を引っ張るbjの優勝請負人・城宝

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

富山を引っ張るbjの優勝請負人・城宝


【ウイークリーbjリーグ】プレーオフ出場全チームが確定した。進出最後の1チームは西地区が島根スサノオマジック、東地区は富山グラウジーズに決まった。島根は2年連続のプレーオフ、富山は実質〝初〟のプレーオフ進出となった。富山は昨年もプレーオフに進出したが、東日本大震災の影響で特別措置による繰り上げ進出。しかもあっさりと連敗し敗退した。

 しかし今年はチーム創設以来、初めて実力で勝ち取った出場。原動力は滋賀から移籍した城宝匡史(じょうほう・まさし=29)だ。大阪→東京→滋賀→富山とチームを渡り歩いた城宝のプレースタイルはとにかく点を取りにいき、どんな体勢でもシュートを狙いにいく。その積極性から批判されることも少なくないが、得点力で富山を引っ張った。週末の大阪戦で連敗したものの、2日間で9本の3P、39得点。チーム2位の得点で存在感を示した。 

 プレーオフでも活躍し「優勝請負人」となれるか。注目が集まる。


<次週の見どころ>

◆東2位横浜VS東5位仙台=同じ東地区同士ながら、これまで対戦のなかった両チーム。最後にきての4連戦は順位争いをする両チームにとって運命の直接対決となる。まずは横浜での2戦。ここにきて2桁得点を連発する、横浜・蒲谷正之(29)と仙台・薦田拓也(24)の日本人マッチアップに注目したい。

◆西2位大阪VS西4位京都=6年連続でプレーオフ最後の4チーム、ファイナルズに進んでいる大阪。対する京都は「今年こそは有明(ファイナルズ開催会場)に」の思いでここまで好調をキープ。チーム創設以来大阪に0勝10敗と勝っていないが、有明行きには越えなければならない壁。初勝利なるか!?
※その他のカードなど詳しくはbjリーグのホームページ(http://www.bj—league.com)で。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開。“見逃してしまった人のために、競馬ラボのユーチューブ公式チャンネルでダイジェストを配信します!

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北海優駿(6月1日、門別競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。