• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 2年目を迎えた「統一球対策」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2年目を迎えた「統一球対策」
2012年03月03日 14時00分

【2012年の統一球対策(1)】

今季はどうなる? 本格的にスタートしたオープン戦で、注目されるのは2年目を迎えた「統一球対策」だ。導入された昨季は「野球が変わった」と言われるほどの変化がもたらされ「飛ばないボール」で投手が好成績を収める一方、多くの打者が成績を落とした。セでは本塁打が863本から485本とほぼ半減し、パも742本から454本に減った。各球団、選手たちにその〝攻略法〟を聞いた。

 チーム本塁打数が95本から53本に減少した楽天は、今季から就任した大久保打撃コーチが徹底的に選手を鍛えた。マシンにボールを次々に入れて16分間、約600球ほど連続でスイングさせるなど「たくさんの球数を打つためには、腕だけではスイングできなくなる。下を使わないと振れない。それをやっていくことで下半身主導の自然なフォームになってくる」。〝より重いバットを振れる体を〟がテーマだ。


 チーム本塁打が91本から86本とほとんど変わらなかった日本ハムは、技術に主眼を置く。田中打撃コーチは「うちの打線は一発を狙うよりもつなぎが信条。飛距離がどうのということにはあまり影響を受けないのかもしれない。対策があるとすればボールの中心をしっかりバットの芯でとらえる打撃技術を磨くこと」と話した。


 ソフトバンク・王会長は「(ポイントを)後ろでとらえると、これまでと反発が違う分、どうしても押し込まれてしまう。前でとらえて、そこからグググッと押し込むような打ち方をイメージしないとね」。世界の本塁打王の言葉だけに重みがあるが、簡単ではなさそうだ。

※続く:「スイング改造」や「バット改良派」も

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【とこなめGⅢレディース笹川杯】
1号艇の山川美由紀がイン逃げを決めて2015年6月以来75回目の優勝を飾った。

【立川競輪】GⅢ鳳凰賞典レース
北津留翼がインを突いて優勝。昨年11月防府以来、4回目の記念Vを手にした。

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。