• 文字サイズ

トップ > スポーツ > サッカー > 中国で苦闘する岡田武史監督「まるで青春ドラマ」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国で苦闘する岡田武史監督「まるで青春ドラマ」
2012年03月04日 15時30分

 2010年南アフリカW杯で日本代表を指揮した岡田武史監督(55=中国・杭州緑城)が中国人選手の指導に悪戦苦闘している。
 岡田監督は中国スーパーリーグ開幕(3月10日)に備え、日本で合宿を敢行。初めてのチームに「基本的に純粋でしっかりやろうとしている」と分析しているが、文化や慣習の違いから驚きの毎日。そんななか、こんなエピソードがあった。
 日本での合宿当初のこと。体調管理のために毎朝、体重測定を義務づけているが、ある選手は計測するとすぐに部屋に戻って“二度寝”。これに岡田監督は激怒した。本来なら練習の準備をしなければならない時間とあって、自覚のなさを糾弾し中国への強制送還を決めた。
 ところが他のチームメートが岡田監督の元を訪れ、涙を流さんばかりに強制送還する選手を許してほしいと嘆願。これには岡田監督も「青春ドラマみたいなんだよ。子供を扱ってるみたい」と苦笑いだった。
 岡田監督によると、サッカーを指導するというよりも、まるで高校のサッカー部。岡田監督は学校の先生のような状態で「なにもかも日本のようにはいかない。根気よく接していきたい」。サッカー版「スクールウォーズ」で“岡ちゃん先生”の挑戦がいよいよ始まる。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】プレミアムGⅠヤングダービー
1号艇の松田大志郎(福岡)が優勝!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

出走メンバー、展開予想、本紙の見解を掲載!

豊かな感性・ガッツのある方を歓迎します。

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はとこなめボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。