• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > G移籍・村田「優勝争いがしたかった」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G移籍・村田「優勝争いがしたかった」


【『無敵ジャイアンツ』のキーマンに聞く(1)】

果たして今季の巨人はオーナー厳命の「無敵」になれるのか。「『無敵ジャイアンツ』のキーマンに聞く」の第2回は、横浜からFA移籍した村田修一内野手(31)に直撃ロングインタビュー。新生DeNAの残留要請を断り、YGユニホームに袖を通した理由として自身がこだわる「今季優勝」への熱い思いを打ち明けるなど、すべてを赤裸々に語った。

——巨人の印象はどうか

村田:外から見ている感じはガチッとしたイメージがあったが、中に入ってみると結構フレンドリーな集団だなという気がしています。若い選手も多いし、顔見知りの選手も多少いたので。

——FA宣言後にDeNA・春田オーナーが直接出馬するなど、古巣からは強く残留を求められた。迷いはなかったか

村田:とにかく優勝争いがしたかった。何年後かじゃなく、すぐにでもという気持ちがあった。新球団といっても選手が大きく変わるわけではない。春田オーナーにも目指す(優勝への)スパンを聞いたんですが3年、5年という返事だった。やっぱり僕もそれだけの年数が必要だと思うし、チームが今年いきなり優勝争いをするのは難しいとも思いますよ。そういう意味ではタイミングよく巨人の三塁手というポジションが空いていたのはよかった。

——今季は個人的に、どのぐらいの数字を残したいか

村田:個人的にはタイトルを取りたい。ただ個人目標を達成するために、この球団に来たわけではない。勝ちを優先した野球ができればいい。最大限チームに貢献できるのが打点だと思うので、しっかり重視して、野球をやっていきたい。

※続く(G村田「打率より出塁率」

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ニコ生】アンカツと大島麻衣が桜花賞で激論!
「東スポ@競馬ラボ アンカツ春の予想祭り」を4月8日(土)に配信!

【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。