• 文字サイズ

トップ > スポーツ > サッカー > 方針がブレまくる浦和の悪循環

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

方針がブレまくる浦和の悪循環
2012年03月14日 12時00分

【Jリーグ:浦和の再建なるのか(2)】
 なぜ戦力も資金力も観客動員力もある浦和が急激に低迷したのか。
 数々のタイトルを奪い「ビッグクラブ」となった浦和は2008年、5年ぶりに無冠でシーズンを終えた。そこで当時の藤口光紀社長(62)は「育成型クラブ」の確立を掲げ、若手育成に定評のあったフォルカー・フィンケ監督(63)を09年に招聘した。
 大物外国人や日本代表級の大型補強を繰り返してきた浦和にとって、突然の方針転換。選手間にはフロント陣への疑念が生まれ、チームの歯車は狂った。しかもフィンケ監督が「なぜ毎回優勝しなくてはいけないと言われるのかわからない」と発言すると、周囲の反感を買った。
 それでもフィンケ監督が世代交代を加速させると、不信感を募らせた元日本代表DF三都主アレサンドロ(34=名古屋)、DF田中マルクス闘莉王(30=名古屋)、GK都築龍太(33=引退)、FW高原直泰(32=清水)、MFロブソン・ポンテ(35)ら黄金期を築いた主力が浦和を去った。
 また結果が出ないことで監督だけではなく、強化責任者も頻繁に代わった。09年に就任した信藤健仁テクニカルダイレクター(51)、10〜11年の柱谷幸一GM(51)がチームを追われ、クラブ方針、強化方針がブレまくる悪循環に陥った。
 橋本光夫社長(62)は「強化部の強化」を掲げ、浦和の黄金期を築いた山道守彦氏(48)を強化本部長に指名。今季はMF阿部勇樹(30)、DF槙野智章(24)と現役日本代表の補強を実現させるなど、再建への大きな一歩を踏み出した。
 そんな補強の一方で、ミハイロ・ペトロビッチ監督(54)の戦術に見合ったチーム編成ができているのかについては、疑問の声も噴出している。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】GIIIレディース笹川杯
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で配信!

【立川競輪】GⅢ鳳凰賞典レース
北津留翼がインを突いて優勝。昨年11月防府以来、4回目の記念Vを手にした。

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。