• 文字サイズ

トップ > スポーツ > サッカー > Jデビューの山村和也「まず鹿島で試合に出ないと」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Jデビューの山村和也「まず鹿島で試合に出ないと」
2012年03月23日 15時00分

 U—23日本代表主将のDF山村和也(22=鹿島)が、17日の川崎戦でJリーグデビュー。期待のイケメンは本紙の直撃に答え、ロンドン五輪メンバー入りに「名門クラブでレギュラー」という高いハードルを掲げた。

——開幕2戦目で後半から出場。早くもJデビューした

山村:うれしいけど、試合に負けたので…。ロングパスなどは少し出せたけど、ミスもあったし、課題もあった。次はしっかり声援に応えられるように、勝てるようにしたい。まずは自分らしいプレーを出したい。

——センターバックのはずが、守備的MFで出場した

山村:練習でやったことはないが、どこでもやらないと…。予想よりも早く試合に出られたのはいいが、センターバックのイメージでいたのでびっくりした。

——ただ、鹿島ではセンターバックでレギュラー取りは難しい

山村:そうですね。でも、鹿島で試合に出てアピールすることがロンドン五輪メンバーにつながると思う。しっかりとチーム内の競争を勝ち抜いていくだけ。その先に五輪があると考えている。

——Jリーグで試合に出られないと五輪メンバーになれない

山村:それは仕方がない。ロンドン五輪もありますが、まずは鹿島で試合に出ないと。どのポジションでも試合に使ってもらえれば。(試合に出られないのは)力がないわけだから、まずはプロとして試合に出ること。

——監督やスタッフに「試合に出られないと五輪が厳しくなる」とか相談したことは

山村:それはないです。クラブともそういう話はしていない。今は実力を見せて、チームでポジションを取ることしか考えていない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【とこなめGⅢレディース笹川杯】
1号艇の山川美由紀がイン逃げを決めて2015年6月以来75回目の優勝を飾った。

【立川競輪】GⅢ鳳凰賞典レース
北津留翼がインを突いて優勝。昨年11月防府以来、4回目の記念Vを手にした。

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。