• 文字サイズ

トップ > スポーツ > サッカー > 俊輔、小野はOAに消極的見解

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俊輔、小野はOAに消極的見解


 ロンドン五輪出場を決めたU—23日本代表のオーバーエージ(OA=24歳以上の選手)枠の使用をめぐり、日本代表のザッケローニ監督(58)が“選手供出”に難色を示すなど、日本サッカー界で大激論が巻き起こっている。そんな中、元日本代表MFで10番を背負ったMF中村俊輔(33=横浜M)と、2004年アテネ五輪にOA枠で出場した元日本代表MF小野伸二(32=清水)がOA枠使用に消極的な見解を示した。



 ロンドン五輪本番では24歳以上の選手を3人まで登録できるOA枠について、関塚隆監督(51)は「これから考えたい」と消極的な姿勢を示したが、日本サッカー協会の幹部は「ベストメンバーで行くならOAは使うべき」との見解を示している。また6月に14年ブラジルW杯アジア最終予選を控えるザック監督はフル代表のOA出場に否定的など、賛否両論が噴出している。


 そんな中、史上最強と言われた00年シドニー五輪を戦った俊輔は「実は(08年北京五輪の際に代表監督だった)反町(康治=48、現J2松本監督)さんにも(OAで)誘われたんだけど、(当時所属していた)セルティックの考えもあって断った。あの時は申し訳なかったと思う」と自身もOAで出場する可能性があったことを明かした。


 それを踏まえたうえで、俊輔は出なくて正解だったという。「やっぱり(五輪)世代の現役代表に経験という意味でやらせたほうがいい。出場国のメンバーには結構良いクラブの選手もいたし、早く海外に出なきゃとか感じるキッカケにもなった。それは若い選手にとって大きい」。若手に世界の舞台を経験させることが、五輪世代の育成を加速させ、日本サッカー界の底上げにもなるというのが俊輔の考えだ。



 また04年アテネ五輪にOA枠で参加した小野は、別の視点からこう話す。

 

「(OA選手は五輪アジア)予選は出ていないわけで(U—23代表イレブンと)一緒にやる時間が短すぎる。簡単なパスも難しいし、行くほうも受け入れるほうもやりづらい面がある。それにOAの選手はプレッシャーあるし…」


 実際、実力は文句なしの小野ですら十分な力を発揮できなかった。大会直前のチーム合流が響き、連係が取れなかった。さらに周囲が小野を頼るばかりになり、組織的に機能しなかった。


 現U—23代表イレブンは「ロンドンでは本気でメダルを狙う」と68年メキシコ五輪銅メダル以来、44年ぶりの快挙を狙っている。優れた団結力を持つチームだけに、本当にOA枠が必要かどうかを問う俊輔や小野ら実力者の見解は、枠使用論争に一石を投じそうだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【GⅢ瑞峰立山賞争奪戦】牛山貴広が記念初優勝
牛山貴広が直線差し切って記念初優勝をつかんだ!

【とこなめGⅡモーターボート大賞】山田康二がGII初制覇!
山田康二が得意のとこなめでイン逃げを決めて優勝を飾った。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
園田FCスプリント(29日、園田競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース鳴門・SG「グランドチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。