• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 楽天「デーブ完全無視」事件

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天「デーブ完全無視」事件


 今季のBクラスが決まった楽天。その裏では大久保打撃コーチ(45)がとうとう“孤立無援”になってしまった。これまでも同コーチをめぐっては、チーム内から不満の声が噴出。ついには“デーブ完全無視事件”まで発生したという。真相を追った。

 衝撃の“事件”は奇跡のCS進出を目指し、激闘を繰り広げる最中で起きていた。ある日の試合前、大久保コーチはチームの作戦として「カウントが3ボール2ストライクになっても2―2の気持ちで打席に立とう」と指示。ファウルで粘って相手に球数を投げさせることと、比較的相手バッテリーが誘い球で振らせてこようとするカウントで「しっかりボール球を見逃す」ことを目的とした作戦を立てた。

 その際「みんなで『ツーツー!』と声を掛けよう」と提案。ナインも最初は“ツーツー作戦”に従い、該当カウントになると大声を張り上げていたという。だが…。あるコーチが「ちょっと紛らわしいな。やめよう」と言うとナインは「そうですよね」と口をそろえ、一瞬で作戦終了。その後は「ツーツー!」という大久保コーチの声だけがベンチ内に寂しくこだまする結果となった。

 異変に気づいた大久保コーチが「おまえら、声出せよ!」と再三注意してもナインはそっぽを向いたまま。これまで忠実に作戦を実行してきたナインが同コーチへ、露骨に“反旗”を翻したわけだ。

 大久保コーチのお気に入りの野手が、別の首脳陣の判断で自分に一切報告のないまま登録抹消になったこともあった。同コーチと他の首脳陣の間にすきま風が吹いていることをあらわにした出来事と言えそうだ。「(大久保コーチは)打撃部門のトップなのに、野手の抹消を聞かされていないなんて普通はあり得ない。来季も(同コーチは)続投のようだけど、このままでチームが大丈夫なわけがない」(球団関係者)

 これまで大久保コーチは打撃投手を集めて「もっと真面目にやれ!」と怒鳴りつけ「出すぎたまねをするな!」と星野監督から一喝されるなど数々の問題行動が周囲から指摘されている。先月30日付の本紙紙面で同コーチは「そんなこと何も言われてない」と否定したが、本人の意思に反してチーム内での風当たりが強まっているのは間違いない。

 

星野監督が大久保コーチを一喝

楽天内紛「デーブツイッター事件」

内村放出はデーブとの確執が原因?

“反デーブ派”コーチ一掃も

怒る闘将…抹消の理由は「怠慢」だった

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。