• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 涙の復活!新垣の新たな旅が始まった

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

涙の復活!新垣の新たな旅が始まった


【山下末則のスポーツ末広がり】 ソフトバンクの開幕3戦目、1日のオリックス戦で丸2年にわたり一軍マウンドから遠ざかっていた新垣渚投手(31)が復活登板を果たした。「7、8割で投げる」という言葉通り、打たせてとる投球で、見事に無四球完投。かつての豪腕投手のイメージは影を潜め、ニュー新垣の誕生を印象づけた。

 

 この2年間は辛く、苦しい時間だったことだろう。右肩痛や腰痛から本来の投球ができないもどかしさは、経験した者にしか分からない。ただ、辛い思いをしたからこそ学べることもある。

 

 1995年6月に小飛球を捕球しようとした際に右肘を強打し、側副じん帯断裂で約2シーズンを棒に振った元巨人の桑田真澄氏も、そんな苦い経験をした一人だ。元々勉強家ではあったが、ケガから復活した後も投球術を磨くだけでなく、古武術にもヒントを求めるなど、各方面にアンテナをめぐらせていた。その引き出しの多さで、晩年の数々の苦難も乗り越えてきたことで知られる。身長174センチと、投手として体格に恵まれていなかったことが、向学心の原動力になっていた。

 

 その桑田氏に新垣へのアドバイスを求めると、こんな答えが返ってきた。

 

「新垣くんも探求すべき年齢になったということではないですかね。自分に合ったフォームやバランスを見つけられないと、また故障してしまう危険性もありますから」

 

 桑田氏と違って190センチの長身を誇る新垣は、力任せのフォームで勝ってきた。故障により過渡期を向かえ、新たな投球スタイルを見出したとはいえ、これで終わりではない。「よりシンプルで効率的なフォームを求める」。そう言って野球を突き詰めてきた桑田氏と同様、理想を追い求める新垣の新たな旅は、始まったばかりだ。

 

☆やました・すえのり=1948年3月14日生まれ。福岡県北九州市出身。宮崎放送を経て、81年に日本テレビ入社。巨人戦実況を中心に、スポーツアナウンサーとして活躍。テレビ野球中継初の槙原投手の完全試合を実況したことでも有名。箱根駅伝のメーンアナウンサーを8年間務め、陸上競技にも精通している。08年に日テレを退社。現在はフリーアナウンサーとしてソフトバンク戦や海外ゴルフの実況で活躍するかたわら、ビジネスマン研修会社を経営している。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
アンカツ&大魔神・佐々木らが「ダービー」テーマに大討論会
5・27ニコ生「東スポ@競馬ラボ」で激アツ本音トークバトル展開!“謎の美女”祥子と“謎の聖女”璃子も参戦

今年もやります「ザッツPOG」好評発売中!
ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が初登板! アンカツも4年連続参戦

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
北日本新聞杯(5月21日、金沢競馬場)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース福岡・SG「オールスター」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。