• 文字サイズ

トップ > スポーツ > ゴルフ > 【16歳の天才アマ・伊藤誠道に聞く(1)】「東スポに出たのが一番ビックリ」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【16歳の天才アマ・伊藤誠道に聞く(1)】「東スポに出たのが一番ビックリ」
2012年01月15日 12時00分

【16歳の天才アマ・伊藤誠道に聞く(1)】昨年9月の国内男子ツアー「ANAオープン」で並み居るトッププロを押しのけ3日目まで大会をリードしたのが、高校1年生のアマチュア・伊藤誠道(16=杉並学院高)だ。石川遼(20=パナソニック)、松山英樹(19=東北福祉大2年)よりもさらに若い、今最もフレッシュなゴルフ新時代のスター候補。13歳2か月でのツアー最年少出場から着実に成長を遂げる天才少年が、2012年の抱負を本紙に激白。堂々の初V宣言をかっ飛ばした。

——昨年を振り返って

伊藤:春先は本当に調子が悪かったし、2位ばっかり。優勝がなかったんで、全体的にはうまくいかないシーズンでしたね。プロの試合でいい成績が出たことは良かったんですけど。

——「ANAオープン」の大活躍はインパクト十分だった

伊藤:中学1年のとき初めてツアーに出させてもらって、2年生で初めての予選通過。次の年はトップ10入りできて、高校1年で最終日最終組で優勝争いなんで、徐々にステップアップしてるのかなって感じですね。それより、東スポに「彼女募集中」ってでっかく出たのが一番ビックリしましたよ(笑い)。

——今年はもっと紙面を飾ってほしい

伊藤:う〜ん…。まあ頑張ります。

——具体的に勝ちたい試合は 伊藤 昨年「アジア・アマチュア選手権」の優勝を目標にして勝てなかった。今年、もう一度チャレンジしたいですね。一昨年は全然だったけれど、昨年は5位に入れたし手応えはあります。

——同大会に勝てば来年の「マスターズ」に出られる。2連覇中の松山が強敵だ

伊藤:松山さんもそうですけど、海外に行くと飛距離の出る選手がたくさんいるので、その差をカバーするものが必要ですね。ボクの場合は人と勝負するというより、コースと戦うスタイル。誰かを特別に意識することはありません。

——飛距離の差は何で埋める

伊藤:やっぱり最後はショートゲーム。谷口(徹)師匠からも「飛距離では欧米人に勝てないけど、100ヤード以内を磨けば、日本人がメジャーで勝つことも不可能じゃない」と言われました。この考え方が自分のプレースタイルにも合っていると思います。

※続く

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】プレミアムGⅠヤングダービー
1号艇の松田大志郎(福岡)が優勝!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【共同通信社杯競輪】竹内雄作がビッグレース初制覇
決勝は竹内雄作(28)が逃げ切りで優勝した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

豊かな感性・ガッツのある方を歓迎します。

お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はとこなめボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。