• 文字サイズ

トップ > スポーツ > その他 > 井岡vs八重樫「王座統一戦」は破格の2億5000万円マッチ

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

井岡vs八重樫「王座統一戦」は破格の2億5000万円マッチ


 WBC世界ミニマム級王者・井岡一翔(23=井岡)とWBA世界同級王者・八重樫東(29=大橋)の王座統一戦(6月20日、大阪・ボディメーカーコロシアム)が破格のビッグマッチとなる。

 史上初めて日本人同士で争われるWBAとWBCの王座統一戦は最軽量級にもかかわらず異例の規模。関係者によれば、両者のファイトマネーや会場使用料など興行にかかる費用の総額はなんと約2億5000万円になるという。

 過去には1994年12月のWBC世界バンタム級王座統一戦(辰吉丈一郎VS薬師寺保栄)が約3億4200万円で入札されている。今回が国内史上最高額というわけではないが「ミニマム級で億を超えることは海外でもない。世界的に話題になる話」(有力ジム会長)と突出した数字という。

 昨今の格闘界の低迷を吹き飛ばすかのようなビッグイベント。9日の会見では一翔が「自分が主役だと思う。ボクシング界に新たな歴史を刻みたい」と言えば、八重樫も「脇役でも主役を食うことがあるところをお見せしたい」と誓った。

 現役時代にライバルといわれながら、井岡弘樹会長(43=元WBC世界同級王者)と大橋秀行会長(47=元WBA&WBC同級王者)は拳を交えることがなかった。その代理戦争でもある今回の統一戦は、リング外でも話題性に富んでいる。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【日本選手権競輪】5月2日京王閣競輪場で開幕!
注目選手のインタビュー、“闘将”佐々木昭彦の推奨レース予想を動画で配信!

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
かきつばた記念(5月3日・名古屋競馬場)、兵庫CS(5月4日、園田競馬場)

豪華プレゼント満載!(クリックすると詳細表示)

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース津・プレミアムGI「マスターズチャンピオン」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。