• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 中日ネルソン年俸UPヤル気DOWN

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中日ネルソン年俸UPヤル気DOWN


 中日で助っ人右腕・ネルソンの“やる気度”が不安視されている。


 24日、合同自主トレに初合流したが、体重は昨シーズン中よりも4キロ増の95キロだし、キャンプに向けても「風邪をひかなかったらそれでいい」。米大リーグ・オリオールズに移籍したチェンの穴についても「代わりに誰か出てくるでしょう」と人ごとのような発言。これらにチーム関係者は「本当に大丈夫なのか」という。


 昨季のネルソンは開幕投手を務めるなど大活躍。リーグ2位の209回1/3を投げ、チームで唯一、1年間先発ローテーションを守り切って10勝14敗、防御率2・54の成績を残した。年俸も倍増の100万ドル(約7700万円)になったが、チーム内には「それで、ちょっとなめているのではないか」との声も出ている。


 チームには「前例」があるからだ。それは2009年の来日1年目に2冠王となり、年俸大幅アップとなったブランコが慢心から2年目の10年キャンプに体重約10キロ増で参加し、シーズンではスランプに陥ったり、けがで二軍落ちしたりと散々だったこと。今のままではネルソンも、その二の舞いでは、というわけ。


 さらに別の関係者は森前ヘッドコーチの退団によるマイナス点も指摘する。


「球が速いだけでストライクもろくに入らないようなヒョロヒョロの投手をドミニカから発掘してここまでしごいてクイックとか覚えさせてきたのは森さんだからね。お目付け役がいないとなかなか言うことを聞かないのではないか」


 ネルソンはキャンプでしっかり調整して、そんな声を一掃する必要がありそうだ。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ニコ生】アンカツと大島麻衣が桜花賞で激論!
「東スポ@競馬ラボ アンカツ春の予想祭り」を4月8日(土)に配信!

【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。