• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 原監督と栗山新監督の〝友情トレード〟あるか

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

原監督と栗山新監督の〝友情トレード〟あるか
2012年01月06日 16時58分

 巨人・原辰徳監督(53)と日本ハム・栗山英樹新監督(50)の“友情”に、球界が注目している。今オフ大補強を敢行した巨人に対し、日本ハムはダルビッシュのメジャー流出などで大幅戦力ダウンが確実。そんな栗山監督の窮地を救おうと、親友である原監督が手を差し伸べるのではないかと噂されている。

 ドラフトでは原監督のおいである東海大・菅野智之投手の指名を巡り、ひと悶着あった巨人と日本ハム。だが原監督と栗山監督の両者を知る球界関係者によれば、2人は今も強固な親友関係で結ばれているという。


 栗山監督は中学生時代に東海大相模野球部のセレクションを受け、その際に原監督から激励の言葉をもらったことに感動。以来、熱烈な“原信者”になった。原監督にとっても、栗山監督はかわいい後輩。巨人OBの評論家陣に言えないような相談も、栗山監督だけには打ち明けてきた。


 そんな両者だけに、原監督としては〝栗山ハム〟の戦力事情が気にならないはずはないだろう、というのが冒頭の球界関係者だ。「オフの大補強で巨人には余剰戦力がある。だぶついた選手を信頼する栗山さんに預けても不思議じゃない。驚くような“友情トレード”が成立するかもしれませんよ」というのだ。

 栗山氏が監督就任以前から、事あるごとに名前を挙げていた巨人選手がいる。

 

「亀井です。栗山さんは『カメの野球センスはすごい』といつもベタ褒めでした。でも巨人では今季もレギュラーが危ういでしょう? 栗山さんの方から『使わないなら亀井をくれませんか』と原監督に願い出るのではないかと見ています」(同関係者)

 

 確かに巨人での亀井の立ち位置は微妙だ。昨季は三塁に転向したが、そこには村田が加入。亀井自身も契約更改の席で「レギュラーを取れなくても内野を続けるべきか、それとも外野で争うべきか迷っている」と複雑な心境を明かしていた。

 

 原監督にとって亀井は手塩にかけて育てた“愛弟子”で簡単に手放すとは考えにくいが、今後は村田に加えて助っ人補強も予想される。内外野とも飽和状態で、亀井に与えるポジションはない。“何でも屋”として置けば重宝するが、それは亀井の本意ではない。

 

「日本ハムでレギュラーを張れるなら」と弟子の身を思って“里子”に出す可能性は考えられる。

 

 亀井を出せないと判断しても、巨人には他球団に行けばレギュラークラスの素材がゴロゴロいる。球界が注目する“友情トレード”はあるのか。両指揮官の動向から目が離せない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【浜名湖ボート】中京スポーツもみじ杯は重野哲之が優勝
ミス東スポ2016・藤井奈々が水着姿で重野哲之を直撃!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【ベッキー】不倫休業からテレビ復帰までの一部始終
ゲス川谷との不倫騒動で休業に追い込まれたベッキー…今後はどうなる?


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

ミス東スポ2016グランプリの桜井奈津が悩殺“挟み打ち”秘技で熱闘 !

初代王者はドルさん!

モーニング娘。'16のメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

次回はSG「グランプリ」、GI「クイーンズC」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。