• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > サブロー再入団で〝チャラ男軍団〟復活

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サブロー再入団で〝チャラ男軍団〟復活
2012年01月10日 16時53分

 昨季途中に放出したサブローをFAで巨人から再獲得したロッテで、かつて猛威を振るった一大派閥に再興の兆しが見え始めている。中心的なメンバーだったのは小林宏(現阪神)やサブロー。相談役的なポジションを堀(幸一氏=現評論家)が務め、入団当初の唐川も吸収するなど、じわじわと勢力を拡大していったのが知る人ぞ知る〝チャラ男軍団〟だ。


 派閥といっても「野球は至って真剣そのもの。私生活はチャラいが、害はない。むしろチームのムードを良くしていた」(球団関係者)というグループ。しかし、ここ数年は相次ぐ中心選手の放出や引退、そして厳格な西村監督の就任もあって自然消滅の危機にさらされていた。


 チーム内からは「あいつらの元気がなくなってチームが盛り上がりにくくなってしまった」という声が上がっていたほどだったが、そんな矢先にサブローが復帰。〝新生チャラ男軍団〟のリーダーになることが宿命付けられた出戻り男は、昨年末の復帰会見でもばっちりとパーマを当てて登場。復帰の理由を「ロッテ愛…ですね」とうっとり話すなど〝らしさ〟全開に。突如金髪のメッシュを入れた唐川らと、その日のうちに会食を行い、団員の再会を祝したという情報もある。


 チームからはリーダーとしてチーム再建の期待をかけられている。仲間たちとともにサブローが閉塞感の漂うチーム状況を打破できるか。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【とこなめGⅢレディース笹川杯】
1号艇の山川美由紀がイン逃げを決めて2015年6月以来75回目の優勝を飾った。

【立川競輪】GⅢ鳳凰賞典レース
北津留翼がインを突いて優勝。昨年11月防府以来、4回目の記念Vを手にした。

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。