• 文字サイズ

トップ > スポーツ > その他 > ボクシングの元世界王者・大橋会長が漫才コンビ結成

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボクシングの元世界王者・大橋会長が漫才コンビ結成
2012年01月22日 16時46分

 異色すぎるお笑いコンビの誕生だ。ボクシングの元世界王者で、大橋ボクシングジムの会長でもある大橋秀行日本プロボクシング協会会長(46)が、お笑い芸人でグラビアアイドルのゆーびーむ☆(23)と漫才コンビ「大橋びーむ」を結成し漫才デビューしていたことが13日、分かった。初ステージに手応えを感じた2人は「THE MANZAI」など漫才大会への出場を口にするなどノリノリ。ボクシングとお笑い、2つの世界でのチャンピオンの可能性も浮上してきた。

 日本プロボクシング協会会長を務めるボクシング界の大物とイマドキギャルの女芸人。年齢もふた回りほども違う異色コンビの出会いは半年前。共通の知人の紹介だった。
「会長、会長と呼ばれているので、てっきり会社の会長だとばっかり思ってた。なんで『私、ピン芸人なんですよ』って上から目線で自己紹介してしまった」とゆーびーむ☆は大橋会長の存在を知らず失礼な言葉を連発。
 これに対して大橋会長は「『テレビに出たことあるんすよ』と自慢してくるんで、いや俺だって出たことあるよ(笑い)と言い返した」と振り返るが、その失礼な態度を取り続ける女芸人と話してみると、なぜだか波長が合った。
「『THE MANZAI』世代で全盛期のツービートが好きだったし、漫才をやってみたかった」(大橋会長)
 実際に練習で漫才をやってみると、初コンビとは思えぬほどかみ合う。とんとん拍子で話は進み、なんと漫才コンビを組んでステージに立つことが決定した。
“デビュー戦”は昨年12月、とある企業の忘年会だった。役割はゆーびーむ☆が突っ込みで、大橋会長がボケだ。ギャルに突っ込まれるボクシング界の重鎮の姿に場内は大爆笑。
 ボクシングネタに「『いつもここから』のネタのように、会長が自分の悲しい時を話す」アドリブの自虐ネタを織り交ぜた漫才は「ドッカン、ドッカンと大爆笑のすべり知らず」で会場全員をKOした。「即興でネタもやるのに全くすべらない」とゆーびーむ☆は、大橋会長の才能に舌を巻く。
 一方、大橋会長も「切り返しはさすが芸人。素人とは違うよね」と“カウンター”の切れ味を絶賛。「コンビネーションはバッチリ。いい感じだよ」とすでに絶妙なコンビネーションを確立。異色の漫才コンビ「大橋びーむ」の誕生だ。
 多忙の大橋会長がコンビ結成した裏には自分の知名度を生かし、なんとかゆーびーむ☆を一人前の芸人に育てたいとの親心がある。「この子をチャンピオンにしたい。ボクシングでは2人の世界チャンピオンを育てたけど、漫才ではまだいないんで(笑い)」と女芸人のトレーナーとしてもバックアップしていく。
「プロの世界は厳しい。俺も戦いの世界にいたけど、人を笑わしてお金をもらうというのは難しいし、お笑い芸人は一番すごいと思う」とお笑いをリスペクトする大橋会長は、「ボクシングもそうだけど、チャンピオンになって防衛するのが大事だよね。何の世界も一緒でそこはボクシングに通じるところがある。下から突き上げが激しいのも共通だよね。継続が大事。だから一発屋じゃなくお笑いのチャンピオンになってほしい」と息の長い芸人にしたいと話す。
 これにはゆーびーむ☆も「本当にありがたい」と感謝しきりだ。
 松本人志(48)や千原ジュニア(37)などお笑い界にはボクシング好きが多い。
 ビートたけし本紙客員編集長(64)もその一人で、実際に大橋会長とも親交がある。「たけしさんは一番好きな芸人。もしかしたらたけしさんが教えてくれるかもしれないね」とひそかに期待しているという。
 今後の漫才での活動については、まだ未定ながら「次は何か大会に出て優勝したい」と意欲をみなぎらせる大橋会長。尊敬するたけし客員編集長が大会最高顧問を務める「THE MANZAI」などはうってつけだ。もちろん本職であるボクシングが第一だが「何事にも真剣にやらないと。俺も漫才をマジメにやることになったら真剣にやるよ」とニヤリ。女芸人をパートナーにお笑い界のチャンピオンを目指すことになった。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【とこなめボート】プレミアムGⅠヤングダービー
1号艇の松田大志郎(福岡)が優勝!

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載】酔っ払った姿がかわいすぎる“飲みカワ”アイドル中村静香
お酒にまつわるエピソード、知られざるプライベート秘話を公開!(全8回)


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

豊かな感性・ガッツのある方を歓迎します。

初代王者はドルさん!

モーニング娘。'16のメンバーがメンバーが日替わりで登場!(全12回)

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

これが全面休業からテレビ復帰までの一部始終!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

マイクをペンに持ち替えて、女子アナたちの不仲疑惑、未成年アイドルとの飲酒騒動などを大放出!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はとこなめボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2016」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。