• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 西武に「反ヤンキース同盟」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西武に「反ヤンキース同盟」
2011年12月12日 16時44分

 キャプテンよ、ニューヨークに行くな――。西武ナインの間で「反ヤンキース同盟」が結成された。


 ポスティングシステムでヤンキースが独占交渉権を落札した中島裕之内野手(29)は9日、埼玉・飯能で行われた球団納会ゴルフに出席。103のラウンドで8位に終わったが、ヤ軍について「伝統あるチームに入札していただいて感謝しています」と笑顔で話した。


 落札額は250万ドル(約1億9250万円)と意外にも安く、用意された“ポジション”は内野の控え。それでも球団側は中島の意思を尊重して受諾の回答をしたが、ナインは大ブーイングだ。


 特に許せなかったというのが、ヤ軍・キャッシュマンGMの「(レギュラーを)サポートする役割を期待している」との発言。シーズン中に何度も食事に連れて行ってもらうなど「中島派」の若頭を自任しているルーキーの熊代は「ふざけるなです。これからチームに迎えようというのに、あの発言はない。あんなチームには行かない方がいい。みんな怒っている」と声を大にした。

 

 若手の中には「中島さんを説得する」と実力行使を検討している者も。「破談になれば来年も一緒にプレーできる。もう1年だけでもいろいろと教えてほしい」とヤ軍との決裂を望む声まで高まっている。


 メジャー経験のある石井一も「向こうは本当にドライ。こっちも冷静に対応する必要がある」と安易な移籍を警告した。中島は今後の交渉に関して「代理人に任せている」と成り行きを見守る方針だが、果たして周囲の声をどう聞くか。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【とこなめGⅢレディース笹川杯】
1号艇の山川美由紀がイン逃げを決めて2015年6月以来75回目の優勝を飾った。

【立川競輪】GⅢ鳳凰賞典レース
北津留翼がインを突いて優勝。昨年11月防府以来、4回目の記念Vを手にした。

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。