• 文字サイズ

トップ > スポーツ > サッカー > 清武少年の教科書は「ロナウジーニョ」

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

清武少年の教科書は「ロナウジーニョ」
2012年07月19日 18時00分

<U―23次世代エース清武弘嗣の原点(2)>

 ロンドン五輪に臨むU―23日本代表として活動中のMF清武弘嗣(22=ニュルンベルク)は幼少期から「天才」と呼ばれた。

 ただ中学生になると伸び悩み、数々のJリーガーを輩出した大分の名門カティオーラFCからライバルの大分U―15(ジュニアユース)への移籍を決断する。もともと高い潜在能力を秘めており、あえて過酷な環境に身を置くことで、大きな成長を遂げた。

 新天地で心身ともにレベルアップした清武は、「プロサッカー選手」になることに加え、日本代表になることも意識し始めた。現在、大分U―18の監督を務める首藤圭介監督(40)はこう明かした。

「プロ、日本代表になりたいというのは当時、話していた。そのころ指導していた大分U―15コーチの吉武博文さん(52)は素晴らしい指導者でしたし、世界を意識したことをやっていました。清武も何か感じるものがあったと思います」

 現在U―16日本代表監督を務めている吉武コーチは「当時まだ他のクラブではやっていなかった」(首藤監督)という世界超一流選手のプレー映像などを使ったミーティングを実施。中学年代からJリーグをまねるのではなく、世界トップのパフォーマンスをイメージさせたのだ。

 特に2002年日韓W杯で優勝したブラジル代表の映像が頻繁に使われた。清武のお気に入りはMFロナウジーニョ(32=アトレチコ・ミネイロ)やMFカカ(30=レアル・マドリード)、大会得点王に輝き、怪物と呼ばれたFWロナウド氏(35)だった。

 世界屈指のスター選手のスピードやテクニックを見て、清武はイメージを膨らませた。すでにプロになり、日本代表として戦うことを意識していた清武は、中学年代から「世界進出」も視野に入れていたのだ。

※続く

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ボートレースとこなめ】GIIIレディース笹川杯
注目選手のインタビュー、記者の推奨レース予想を動画で配信!

【立川競輪】GⅢ鳳凰賞典レース
北津留翼がインを突いて優勝。昨年11月防府以来、4回目の記念Vを手にした。

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。