• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 「ゼッコウチョウ」発言連発するラミレスの本心

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ゼッコウチョウ」発言連発するラミレスの本心
2012年02月16日 10時00分

 DeNAのアレックス・ラミレス外野手(37)が、古巣を懐かしがっているという。


 14日のロッテ戦でグライシンガーから3回の2打席目に右前打を放ち、オープン戦初安打をマーク。続く5回の第3打席も中前打で複数安打となり、前日まで20打数無安打だったスランプを脱出した。試合は1—3で敗れたものの、中畑監督はラミレスに2人目の孫が生まれたこともあって「赤飯だな。赤飯! レッドライスか? ガハハッ」と大はしゃぎだった。当のラミレスも「孫パワー。ハッピーだよ」と優等生コメントだったが、囲み取材が終わると笑顔が一変。真顔になって本紙に本音を漏らした。


「(移籍して)1年目のチームだと自分のペースが分かってもらえない」


 日本球界でのプレーは今季で11年目。経験豊富なベテランには開幕に合わせた自分なりのペースがある。オープン戦は結果にこだわらず、あくまでも調整の場。それがラミレス流の考え方だ。


 しかしDeNAでは、そうもいかない。高田GMや中畑監督から「大丈夫か?」と声をかけられるたびにラミレスは「ゼッコウチョウ」と答えているが、内心では〝そっとしておいてくれよ〟とつぶやきながらストレスをため込んでいるのだ。

 ラミレスは、こうも続けた。

 

「(巨人の)原監督は移籍1年目から何も言わずに放っておいてくれた。DeNAに移籍した今は年齢的なこともあって、周りの皆は心配しているんだろうけど…」


 巨人時代を懐かしんでいる点は気になるところだ。

【編集部のおすすめ】
【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【とこなめGⅢレディース笹川杯】
1号艇の山川美由紀がイン逃げを決めて2015年6月以来75回目の優勝を飾った。

【立川競輪】GⅢ鳳凰賞典レース
北津留翼がインを突いて優勝。昨年11月防府以来、4回目の記念Vを手にした。

【SMAP解散】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

セクシー女優がAV、病気のことなど赤裸々に半生を語り尽くす(全20回)

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。