• 文字サイズ

トップ > スポーツ > 野球 > 権藤コーチのボヤキは正論か?越権か?

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

権藤コーチのボヤキは正論か?越権か?


 中日・権藤投手コーチが野手陣のことをぼやきまくっている。フリー打撃などで平田、大島、野本、吉川ら若い選手が黙々と打ち込んでいる姿を見ながら「このチーム(の野手)は全然、元気がないな。俺が横浜で監督していた時は波留とか佐伯とかムードメーカーがいて若手もうるさいぐらい声を出して活気があったのに…」といった具合だ。


 権藤コーチは1998年から3年間、横浜で指揮を執り、日本一にまで導いた実績を持つ。そんな経歴もあって、ついついチーム全体を見てしまうようだが、とにかく野手陣の覇気のなさが気になって仕方がない様子。昨季、連覇を達成しながらチーム打率は12球団最低で大きな不安材料ということもあるのだろう。「こんな状態ではアルコールの1杯でも飲ませてから野球をやらせないといかんわな」とあきれ口調だ。


 もっとも、この状況に他の首脳陣からは「権藤さんが言うことはもっともだけど、今の立場はあくまで投手コーチ。あまり野手のことに口を出すと野手のコーチや選手の雰囲気がもっと悪くなりかねない」と心配する声も…。「いっそのこと、権藤さんには昨季までの森さんのようにヘッドコーチになってもらって、堂々と野手を怒ってもらった方が問題が起きないのではないか」との意見も出ているほどだ。


 果たして、権藤コーチのぼやきはおさまるか。怒り大爆発などの“大事”になる前に野手陣は奮起しなければならない!?

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【ニコ生】アンカツと大島麻衣が桜花賞で激論!
「東スポ@競馬ラボ アンカツ春の予想祭り」を4月8日(土)に配信!

【ウィナーズカップ】“湘南の若大将”郡司浩平がGII初優勝
郡司浩平が第1回覇者に名を刻み、年末の地元平塚グランプリ出場へ前進した。

【解散SMAP、ジャニーズ】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解に担当記者のコラムを掲載

グランプリ3人、特別賞2人が決定!

東スポが報じてきた球界の番長の“足跡”を公開!

波乱に満ちた生い立ちから、クラッシュギャルズの真相などを語る(全15回)

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回は児島SG「ボートレースクラシック」

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
「ミス東スポ2017」グランプリ決定
注目コンテンツ
開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。